戦?

2015/03/08

ホーム開幕戦。

 

 

先週のプロ開幕戦から1週間。

ノンプロ戦の「京都チャプター」の開幕を迎えました。

今回もまた プラ無しのブッツケ本番となりました。

 

 

 

今年初めて出た “ホームレイク”。

昨秋イイ感じに思えた箇所から 巻物メインで探っていきます。

 

しかし また今回も何事もなく終了。

 

 

そんなに甘くないのが「自然相手」とゆうもの。

それでも 夕闇の迫るBWKは 疲れを拭い去り 癒してくれます。

 

 

次週 “マリーナトーナメント”拉致予告が送られてきました。

 

今週の反省を生かしたいところですが 天候に不安を感じます。

少しでも雨が降りそうなら... カメハメハ大王で逃げます。

この時期の雨はツライだけですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2015/03/01

弥生の始まり。

 

 

今年のトーナメントが いよいよスタート。

1日から いきなりプロ戦。 しかも ブッツケ本番。

不安要素でイッパイですが やるしかありません。

 

 

 

という訳で まずはジャンケンから。

昨年のTOP50のチャンピオンとの対決です。

 


 

勝ちました。

つまり。

昨年のNo.1を今年最初に倒したのは “僕”だったりします。

 

てな訳で 幸先良く1番スタートをゲット。

ポイントも 選び放題です。

 

しかし 運もここまで。

何事もなく 初戦を終えました。

 

初戦を終えても どうにも未だ“試合勘”が戻りきらないようです。

てゆうか 気持ちがまだトーナメントモードに切り替わってないのかも。

 

だもんで 来週の「京都チャプター」にも出場することとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2014/06/25

6/22 (その2)。



男性も 女性も…
街中の光景にも 短いパンツ姿が目立ってきました。
アナタハスネノケヲソルハデスカー?



そして 昨日の続き。

朝イチのポイントでは 残念ながら“ノーバイト”。
再びノロノロ移動して さらに下流の小ポイントへ。

先行者の姿は有るものの 狙いの位置まではガラ空き。

一流し目で ふと気になったネコリグを作成。
数投目でようやくバイト。 ファーストキャッチ。
600gぐらいでしたが 気持ちは上向きました。

しかし 後が続きません。
リグを変えて 往復ビンタをカマすも “ノーバイト”。

後で聞いた話では すでに数本抜かれた後だったそうな。


場所を見切り 再び 思いエンジンを引きずって 移動。

もう一度メイン場を目指しましたが
先程よりたくさんのボートに囲まれてたので
後ろ髪を引かれつつ パス。

移動した 次の小ポイントでも “ノーバイト”。


ここで時間も12:00を回ったので
今切川にあるポイントで 最後をやり切ることに。

ココは 前日プラの中でもでアタリが多く
キッカーの感触もあった場所。

しかし ポイント終わりにある水門からでた白濁りが
ポイントの75%に蔓延。
リミット場と考えていた此処でも “ノーバイト”。 帰着。


結果 1本 589g 58位という
不甲斐ない成績で 第2戦を終えました。
年間順位も 21位まで転落。


エンジンの不調は理由にはなりません。
全エリアは回れなくとも プラン通りには動けましたから。

表彰式のインタビューを聞いても
もっと他のプランを調べておくべきでした。

そう考えれば 新たな目標と ポイントを獲れただけ
良かったです。


残り1戦。
巻き返しを狙って プラに励みます。

楽しくなってきました。


が エンジンの修理にいくら掛かるのかな〜?






|

2014/06/24

6/22 (その1)。



蝉が今にも鳴き出しそうなほど
暑さが戻ってきた OSAKA。
このまま 梅雨が明けたら… 水は足りるのかな?



昨日の続き。
一夜が明けた日曜日。
JBⅡ四国 第2戦 イマカツカップ開催。

苦手な春の第1戦で13位を獲得できたので
昨年4位入賞したこの第2戦で
確実にポイントを重ねたいところ。





朝のミーティングが終わり
スタート順は良い方になったので
朝イチは 旧吉下流部を目指すことにしました。

んが。 ここでアクシデント。
デッドスロー区間が終わり プレーニングに入ろうとすると
エンジンが2000回転で止まり 滑走不可能。

スマートクラフトで PSIを確認すると 7.0までしか上がらない。
恐らくプラグがアウトか イグニッションコイルの故障?
前日プラまでは何も無かったのに。

原因を特定出来ず とりあえず騙し騙し踏み続けると
稀に思い出したように エンジンが吹き上がるが
一度止まると 再び滑走不可能状態を繰り返す。

その間に次々と後続スタート組に抜かれ
狙いのポイント区間に入った時には すでに先行者の姿。

仕方ないので メイン場をパスして次へ。
次のポイントでは何とか入れたので 釣り開始。

フロントをパートナーに託し
エンジンカバーを開けて バッテリールームを見て
プロップまで確認するも 原因不明。

エンジンが全く使えない最悪の状況は免れ
まあこれも何かの試練だと思い 気持ちを切り替えて 第1投。


〈 続く 〉







|

2014/06/23

6/21。




なにか急に静かになったような気が…。
政治でも無く 経済でもなく 何かこう…。
そう言えば W杯ってどうなったのかな?



週末は JB戦でした。

土曜日に変わる頃 滋賀県へ。
バスボを繋いで 往復ビンタで徳島県へ。

夜明けと同時に 旧吉野川の前日プラ開始。

昨年のパターンから様子見を始めると
すぐに手応えが返ってきました。

しかし 今回のプラの目的は他の同条件を見つけること。
最下流エリア付近まで下って探って行くと
感触の良い場所とそうでないところが判明。

このパターンは 今回もいけると判り
数本だけ確認しましたが Ave.550-750gぐらいと
去年よりパワーダウンした感じ。


だもんで 他の新規開拓を求め 今度は最上流エリアへ。
下りながら 気になる場所を点々とするも
それほど簡単にパターンは見つからない。


この後は 今切川エリア全域を探索。
バイトが多発するポイントを見つけ
風が強くなった15:00 プラクティス終了。


この日 バイトはたくさんありましたが
キッカーの感触は 2箇所2回のみ。
しかも ポイント同士が離れてる。

結果 朝のスタート順が悪ければ 今切川エリアのリミットメイクから
スタート順が良ければ 旧吉下流エリアからのランガンを決定。


露天風呂に浸かって ウドンをたらふく詰め込んで
22:00には 意識を失いました。


この日 上流エリアで出た1匹。


「 セイゴ 」

もっと上まで居るそうですが
こんな所まで上がって来るとは
彼らにとって なんかいい事あるのかな?

それとも ベイトを追いかける内に
気がついたら帰れなくなった
ただのウッカリ君なのかな?







|

2014/06/22

いつもの。







いつもの橋を渡って帰ります。






|

2014/06/21

川ですが。




前日プラ 終了。



なんだこりゃ。



それよりも 明日は“雨中戦”になる模様。

あーイヤだ。







|

2014/06/20

出発。




遠征に出発。



眠い目をこすって…。







|

2014/05/27

京都チャプター 第3戦。



また大陸から 嬉しくない贈り物が。
黄砂が飛んでくるとゆうことは PM2.5も。
ホント アジア全域にとって 迷惑な地域だ。



そして 日曜日の結果。

前日プラの感触から
“フラットシャロー沖の地形+複合ウィード”
に狙いを定め 当日を迎えました。

朝イチのエリアで3投目に 1400gぐらいのをゲット。

これで 波に乗れると思ったのですが
強めの南風に加えて ウィードの上層と中層以下が
逆になびく状況に リグが上手く入らない。

ならばと リグを少し重めにすると
再び しっかりとしたバイトが出始めました。

時間が経つにつれ 太陽も顔を覗かせ
いよいよウィードの中が良くなるかと思ったのですが
今度は掛けてからの バラシが多発。

フックにも 細工を施して見ましたが 結果は同じ。

それでもバイトがあることで エリアはあまり変えずに
流すラインを変えて 根気よく撃って回りましたが…

結果 9バイト全て掛けたものの
1フィッシュに終わりました。



やり切ったことに後悔はありませんが

もっとアタマを使うべきであったのと
風に対して 真っ向勝負を挑み過ぎたのは失敗でした。


いつまで経っても 試合は難しい。

でも だからこそ止められないんですけどね。






|

2014/05/24

早上がり×2



朝晩の気温差がコロコロ変わる季節です。
周りにも 体調した方がゴロゴロ。
気をつけましょー。



そして 今日はBWKへ。
そして 今朝もやっぱり起きられず。

しかしまあ 何とか試合時間には間に合いました。
しかしまあ こんな時にはやっぱり落とし穴があるもので
昼ごはんどころか 飲み物すらを買うのを忘れました。

んが こんな時の為に 隠し玉があるはず。
んが ストレージを引っ掻き回すも 出てきたのは



飲み物が3本だけ。

これでは集中力も続かないってモンです。


とゆうことで 14時上がりの予定が
13時に繰り上がりました。


さて… 明日はどうしよっかな?






|

より以前の記事一覧