« 御礼。 | トップページ | チョコの駆け引き。 »

2014/06/17

TENAGA。



W杯日本代表初戦。
応援団のマイナス思考な国民性が印象に残りましたが
試合後の清掃活動はそれ以上のインパクトを与えました。
スバラシイことですね。



その数時間前。
会社の前にある淀川に 朝6時に集合。

目的は 一昨年の淀川ハゼに続く
お手軽フィッシング 第2弾。

淀川「テナガエビ捕獲」計画。
略して 「Y.T.F.計画」です。


ガイド兼 レクチャー担当として 柳ちゃん。
そしてこれまた初体験となる F氏の3人で実行しました。

5月〜10月まで続く 長い猟期の中でも
この梅雨前後の時期は一番釣れるとの前評判。
期待と妄想がパンパンに膨らみます。


そして開始早々 さすがの柳ちゃんが即ゲット。

と同時に F氏も立て続けに捕獲成功。



こんな笑いが止まらない様子は
今まで見たことがないです。


活きエサが超苦手な残り1名も 大きく出遅れたものの
偏光グラスをかけて ジッと水中を確認すると
物陰をたくさんのテナガエビが “行ったり来たり”。

サイトで狙うと あっさりゲット。


「初テナガエビ」

なるほど なるほど。
コレは笑いが止まりません。




立て続けに ナイスサイズをゲット。
タイミングとコツを掴むと 面白いように釣れます。


結局 5時間ほど釣り続け リリースも含めると
初心者2人とも 20匹前後釣れました。

さすがの柳ちゃんは 30匹以上釣っていたようです。


今回のタックルは 1.2〜1.8mの¥800ほどの延べ竿に
専用のシモリ仕掛けとウキ仕掛けを使用しました。
最初はシモリ仕掛けのが アタリが分かり易いです。

釣れたエビは ブクブクと氷で活かして持ち帰り
真水で泥を吐かせ 酒に浸して臭みを消した後
素揚げにして 塩とレモンで食すと良いようです。

手の食感は ヤミツキになるそうですよ。


そして テナガエビは共食いにも気をつけましょう。
因みに 共食いしたエビはお腹が赤くなり
天国に召されたエビも茹でた様に赤くなるそうです。

バッカンには エビが掴まれるように
網やネットを入れておくと 天国に行きにくいらしい。

そして 釣れたエビはクチが壊れると
これまた天国に召され易くなるので
カエシの無い針とピンセットを使うと良いようです。


まだしばらくは楽しめそうな “旬の釣り”。

梅雨の中休みを狙って
釣って楽しい 食べて美味しい 近場の遊びを
体験されてみては 如何でしょうか。

くれぐれも 暑さ対策はお忘れなく…。







|

« 御礼。 | トップページ | チョコの駆け引き。 »

釣行記 (SALTWATER)」カテゴリの記事