« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014/06/30

ややこしいわ。



早いもので 今年も半分が過ぎ去りました。
半年の半分は良かったけれど 残りの半年の半分はダメだったような…。
ややこしいですな。 残り半年はどうなのかな?



ここ数日 関電系のeo光が攻撃を受けているようで
WinPCのネットが使えたり 使えなかったり。

て言うか WiFiもダメになるのか?
それとも WiFiは生きてるけど ネットだけダメなのか?

何で確認したらいいのかな?
“ネットワークプリンター”か?
電源入れてないと 認識出来ないのか?

アレ? iPadは使えるぞ?
アレ? ibookも使えるぞ?

でも iPhoneは使えないぞ?
でも LTEはいつの間にやら使えるようになってるぞ?

とゆう訳で とりあえずルーターのパスを再度入れたら
直りました。

てことは 攻撃を受けたのではなく 自爆?


便利な世の中なんだか そうでないんだか…。


疲れたので 今日はこの辺で。






|

2014/06/29

空を自由に♩



週末の雨。
アウトドア派とまでは言わないですが
インドアが苦手な派としては 辛い時期です。



今年は 国産小型ジェット機の話題が多いです。

主要部品外部調達率が多く
座席数も多いMRJは 高価過ぎてムリでも

7-8人乗りで 既に空を飛んでて
色も5色から選べて 値段も5億弱の



「HONDA JET」なら頑張れば…

って 宝クジが当たっても無理なのか。

駐機料やら ライセンス持ちのパイロットの給料
燃料費などのランニングコストも掛るしなぁ。


でも こういうモノほど
何社か 何人かで持てば 現実味があるような。

て言うか 年何回乗れば 元が取れる?

…やっぱり雨の部屋内だと ロクな事考えないな。


でも セスナやヘリよりも カッコ良くて
早くて快適で 比べる物によっては安いJET機って
魅力あるよね〜?

その内 中古とか出ないんかな?


さて そんなことより現実の
バスボー修理費 3※マンエン。 どーしよー?







|

2014/06/28

記憶。



今日は 夏のご挨拶に持参する品を買いに行きました。
おりしも季節は 「バーゲン商戦」中。
結局 自分の為にもシャツを買ってしまいました。



仕事用のHDDとフラッシュメモリーも新調しました。



機械モノ とりわけPC関連はいつ壊れるか分かりません。
基本 PC内のハードは全て信用しません。

だもんで PC本体にもどーでもいいデータしかありません。


大事な内容は HDD内で処理。
その代わり HDDもメモリーも2年以内に全交換。
1TBなら 年間¥5000以下。 安い保険代です。

今 外で使っているWinノートPCも
グラフィックボードなどが怪しいですが
この方法だと いつ壊れても構いません。


人間の記憶媒体は 年々ダメになっていくのに
デジタルデータは 常にフレッシュです。

面白い時代になったモンです。







|

2014/06/27

実食。



停滞していた “梅雨前線”。
太平洋高気圧の活性が上がらねば 恵みの雨も期待不可能。
梅雨明けも早くして欲しいのに…。



素揚げにしてみました。



結局 2回ほど水を替えましたが それほど汚れず
水道水でも 元気いっぱいでした。

ボウルに移して 日本酒でヒタヒタにして
勢いが無くなったところで 水洗い。

水気をよく取って 160℃の油で約2分。
一度上げて 200℃の油で約1分。

皿に移して 振り塩をパラパラ。

お好みで レモンをかけてもgood。


伊勢海老のヒゲのように
長い手の部分が 美味しかったです。
ハゼと同様 臭みも全く感じませんでした。

家族にも好評で 再出動を命ぜられました。


関東では すでにポピュラーな釣りと食味ですが
なかなかどうして 大阪近郊でもイケてますです。

夢は “全長24cm”と“和歌山遠征”。

どっぷりとハマってしまいました。






|

2014/06/26

夕涼み。



ザックジャパンのW杯が終わったようですね。
予想通りの結果でしたが 選手に腹が立ちますね。
ゆっくり考えるヒマが欲しいなら さっさと引退すれば?
前を向いて素早く行動出来ないスポーツマンなんて 意味無いわ。



昼間の暑さに早めの終業とした夕方。
夕涼みがてら? に Y.T.F.。



2時間ほどで ちょこちょこ釣れました。


今回は ちゃんとブクブクも用意したので
一昼夜かけて 泥抜きをさせようと思います。

ジッと眺めてると 結構カワイイ奴らです。






|

2014/06/25

6/22 (その2)。



男性も 女性も…
街中の光景にも 短いパンツ姿が目立ってきました。
アナタハスネノケヲソルハデスカー?



そして 昨日の続き。

朝イチのポイントでは 残念ながら“ノーバイト”。
再びノロノロ移動して さらに下流の小ポイントへ。

先行者の姿は有るものの 狙いの位置まではガラ空き。

一流し目で ふと気になったネコリグを作成。
数投目でようやくバイト。 ファーストキャッチ。
600gぐらいでしたが 気持ちは上向きました。

しかし 後が続きません。
リグを変えて 往復ビンタをカマすも “ノーバイト”。

後で聞いた話では すでに数本抜かれた後だったそうな。


場所を見切り 再び 思いエンジンを引きずって 移動。

もう一度メイン場を目指しましたが
先程よりたくさんのボートに囲まれてたので
後ろ髪を引かれつつ パス。

移動した 次の小ポイントでも “ノーバイト”。


ここで時間も12:00を回ったので
今切川にあるポイントで 最後をやり切ることに。

ココは 前日プラの中でもでアタリが多く
キッカーの感触もあった場所。

しかし ポイント終わりにある水門からでた白濁りが
ポイントの75%に蔓延。
リミット場と考えていた此処でも “ノーバイト”。 帰着。


結果 1本 589g 58位という
不甲斐ない成績で 第2戦を終えました。
年間順位も 21位まで転落。


エンジンの不調は理由にはなりません。
全エリアは回れなくとも プラン通りには動けましたから。

表彰式のインタビューを聞いても
もっと他のプランを調べておくべきでした。

そう考えれば 新たな目標と ポイントを獲れただけ
良かったです。


残り1戦。
巻き返しを狙って プラに励みます。

楽しくなってきました。


が エンジンの修理にいくら掛かるのかな〜?






|

2014/06/24

6/22 (その1)。



蝉が今にも鳴き出しそうなほど
暑さが戻ってきた OSAKA。
このまま 梅雨が明けたら… 水は足りるのかな?



昨日の続き。
一夜が明けた日曜日。
JBⅡ四国 第2戦 イマカツカップ開催。

苦手な春の第1戦で13位を獲得できたので
昨年4位入賞したこの第2戦で
確実にポイントを重ねたいところ。





朝のミーティングが終わり
スタート順は良い方になったので
朝イチは 旧吉下流部を目指すことにしました。

んが。 ここでアクシデント。
デッドスロー区間が終わり プレーニングに入ろうとすると
エンジンが2000回転で止まり 滑走不可能。

スマートクラフトで PSIを確認すると 7.0までしか上がらない。
恐らくプラグがアウトか イグニッションコイルの故障?
前日プラまでは何も無かったのに。

原因を特定出来ず とりあえず騙し騙し踏み続けると
稀に思い出したように エンジンが吹き上がるが
一度止まると 再び滑走不可能状態を繰り返す。

その間に次々と後続スタート組に抜かれ
狙いのポイント区間に入った時には すでに先行者の姿。

仕方ないので メイン場をパスして次へ。
次のポイントでは何とか入れたので 釣り開始。

フロントをパートナーに託し
エンジンカバーを開けて バッテリールームを見て
プロップまで確認するも 原因不明。

エンジンが全く使えない最悪の状況は免れ
まあこれも何かの試練だと思い 気持ちを切り替えて 第1投。


〈 続く 〉







|

2014/06/23

6/21。




なにか急に静かになったような気が…。
政治でも無く 経済でもなく 何かこう…。
そう言えば W杯ってどうなったのかな?



週末は JB戦でした。

土曜日に変わる頃 滋賀県へ。
バスボを繋いで 往復ビンタで徳島県へ。

夜明けと同時に 旧吉野川の前日プラ開始。

昨年のパターンから様子見を始めると
すぐに手応えが返ってきました。

しかし 今回のプラの目的は他の同条件を見つけること。
最下流エリア付近まで下って探って行くと
感触の良い場所とそうでないところが判明。

このパターンは 今回もいけると判り
数本だけ確認しましたが Ave.550-750gぐらいと
去年よりパワーダウンした感じ。


だもんで 他の新規開拓を求め 今度は最上流エリアへ。
下りながら 気になる場所を点々とするも
それほど簡単にパターンは見つからない。


この後は 今切川エリア全域を探索。
バイトが多発するポイントを見つけ
風が強くなった15:00 プラクティス終了。


この日 バイトはたくさんありましたが
キッカーの感触は 2箇所2回のみ。
しかも ポイント同士が離れてる。

結果 朝のスタート順が悪ければ 今切川エリアのリミットメイクから
スタート順が良ければ 旧吉下流エリアからのランガンを決定。


露天風呂に浸かって ウドンをたらふく詰め込んで
22:00には 意識を失いました。


この日 上流エリアで出た1匹。


「 セイゴ 」

もっと上まで居るそうですが
こんな所まで上がって来るとは
彼らにとって なんかいい事あるのかな?

それとも ベイトを追いかける内に
気がついたら帰れなくなった
ただのウッカリ君なのかな?







|

2014/06/22

いつもの。







いつもの橋を渡って帰ります。






|

2014/06/21

川ですが。




前日プラ 終了。



なんだこりゃ。



それよりも 明日は“雨中戦”になる模様。

あーイヤだ。







|

2014/06/20

出発。




遠征に出発。



眠い目をこすって…。







|

2014/06/19

やはり…か。



今日の午後は “ナンバCITY”へ。
用事が終わり EVで下に下りると 気づかぬうちに地下へ。
案の定 迷いました。 地下はスゴく苦手です。



週末の遠征に向けて 少しづつ準備を進めてます。
そして今夜は 相棒の点検。

移動という ある意味一番大事な役割を担ってますが

フォグランプは切れてるし…
エンジンオイルは減ってるし…
リアのブレーキパッドは 今朝からセンサーが鳴きっぱなし。



その上 部品が足りないことから 明日 出直すことに。


歯が痛くなったり カバンが壊れたり…などなど
昔から 遠征直前に問題が起こりやすいタイプ。

現場で事が起こるより よっぽどマシですが
まあまあ困った性分です。







|

2014/06/18

チョコの駆け引き。



ガソリン価格が また上を向いてます。
国内価格については どうやら中東情勢だけの問題ではなさそう。
第一次 第二次 … それぞれがもっと努力しないと。



ヨーロッパ帰りの方から お土産を頂きました。
「ちょこっとで悪いけど…」と言って 手渡されたのは



チョコでした。


手に持って 数分考え込んで
ツッコむのを 止めました。

なにか淋しそうでした。


でも このチョコ。
“白”と“黒”があって 美味しいんですよね〜。

あざーっす。







|

2014/06/17

TENAGA。



W杯日本代表初戦。
応援団のマイナス思考な国民性が印象に残りましたが
試合後の清掃活動はそれ以上のインパクトを与えました。
スバラシイことですね。



その数時間前。
会社の前にある淀川に 朝6時に集合。

目的は 一昨年の淀川ハゼに続く
お手軽フィッシング 第2弾。

淀川「テナガエビ捕獲」計画。
略して 「Y.T.F.計画」です。


ガイド兼 レクチャー担当として 柳ちゃん。
そしてこれまた初体験となる F氏の3人で実行しました。

5月〜10月まで続く 長い猟期の中でも
この梅雨前後の時期は一番釣れるとの前評判。
期待と妄想がパンパンに膨らみます。


そして開始早々 さすがの柳ちゃんが即ゲット。

と同時に F氏も立て続けに捕獲成功。



こんな笑いが止まらない様子は
今まで見たことがないです。


活きエサが超苦手な残り1名も 大きく出遅れたものの
偏光グラスをかけて ジッと水中を確認すると
物陰をたくさんのテナガエビが “行ったり来たり”。

サイトで狙うと あっさりゲット。


「初テナガエビ」

なるほど なるほど。
コレは笑いが止まりません。




立て続けに ナイスサイズをゲット。
タイミングとコツを掴むと 面白いように釣れます。


結局 5時間ほど釣り続け リリースも含めると
初心者2人とも 20匹前後釣れました。

さすがの柳ちゃんは 30匹以上釣っていたようです。


今回のタックルは 1.2〜1.8mの¥800ほどの延べ竿に
専用のシモリ仕掛けとウキ仕掛けを使用しました。
最初はシモリ仕掛けのが アタリが分かり易いです。

釣れたエビは ブクブクと氷で活かして持ち帰り
真水で泥を吐かせ 酒に浸して臭みを消した後
素揚げにして 塩とレモンで食すと良いようです。

手の食感は ヤミツキになるそうですよ。


そして テナガエビは共食いにも気をつけましょう。
因みに 共食いしたエビはお腹が赤くなり
天国に召されたエビも茹でた様に赤くなるそうです。

バッカンには エビが掴まれるように
網やネットを入れておくと 天国に行きにくいらしい。

そして 釣れたエビはクチが壊れると
これまた天国に召され易くなるので
カエシの無い針とピンセットを使うと良いようです。


まだしばらくは楽しめそうな “旬の釣り”。

梅雨の中休みを狙って
釣って楽しい 食べて美味しい 近場の遊びを
体験されてみては 如何でしょうか。

くれぐれも 暑さ対策はお忘れなく…。







|

2014/06/16

御礼。




2週間強を経て まだ日常生活に注意が必要なものの
ようやく入院中の家族の出所?の日を迎えました。


ようやく 毎日の病室参りから解放され

ゴミ出しに慌てることも 汗ダクで料理することも
夜中に家の前の掃除をして 花の水やりをすることも
電池切れで 気を失うことも無くなり

ホッとしているところでございます。


普段から感謝はしているものの
いざ自分でやるとなると
ホンの一部分でも タイヘンです。

だもんで 出来得る範囲は続けようと思います?


ご心配戴いた方 お見舞いまで頂戴しました方へ
この場で厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。


長く続く梅雨の中休み
明ければ 益々暑さが厳しくなります。

皆々様 体調には充分ご留意下さい。


てな訳で Blog再開です。







|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »