« ハイタツ。 | トップページ | クラッシャー。 »

2013/09/08

先。

 

 

「一知半解」 「夜郎自大」 「唯我独尊」 「遼東之豕」。

どうにも最近 この手の人間が多いように感じます。

しかし 「同気相求」とも言います。 気をつけなければいけません。

 

 

 

「2020年 東京オリンピック開催」が決定。

 

Tokyo2020
 

週明けの経済動向が気になるところ。

 

まずは全体。

関連株を中心に ご祝儀相場で動くのは必死。

しかし 開催が7年後ですから コレは超短期の命。

それでも建設・インフラなど直接関連を中心に しばらくは温床となり得るでしょう。

 

さらに アジアの果て“日本”訪問に関連して 旅行業やHTLなど

西日本を中心とした観光事業など 間接関連も 多少の動きは見られるはず。

 

現在3兆円程度の経済効果の試算が出てますが

雇用関連の伸びも期待できますし

経済成長率で考えれば 2%ぐらいの成長は見込めると思います。

 

 

しかし その一方で 問題も“山積み”。

 

当然1番に挙げられるのが 「福島問題の全解消」。

その次が 京都議定書にも謳われている 地球温暖化に伴う 「天災や環境変化への対応」。

 

などが挙げ切れない程ありますが もっと大事なことは...

 

「その後の国勢力維持をナニに求めるのか」

 

と考えます。

 

 

単なる地域の“大花火大会”として終わるのか?

それとも 将来国家への“礎”とするのか?

 

すべては 多方面に亘る 短・中・長期ビジョンの完成度に託されます。

問題は 一祭事に止まらないということです。

長く続く“祭り”が無い以上 “祭り”を頂点にしてはいけないのです。

 

 

そう考えれば “7年”という時間は 決して遠くない

「短時限爆弾のカウントダウンの始まり」

と 考えられます。

 

 

前回の「東京オリンピック」開催時とは 全く状況が違います。

 

もちろん国全体が盛り上がる“一大イベント”となることを期待しますが

どこかで 冷めたアタマで物事を考え 行動出来る 『重要人物の出現』を期待します。

 

 

 

 

 

 

 

|

« ハイタツ。 | トップページ | クラッシャー。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事