« 要因。 | トップページ | そうなんだ。 »

2013/09/16

ヘーヘー ホーホー。

 

 

雨風ともに 久しぶりの大型クラス「台風18号」。

最後まで何かと翻弄され 休業のハズがなぜか出勤にされてしまいました。

でもまあコレで何とか明日からの出張は大丈夫そうです?

 

 

 

そんなこんなで 今日のネタ。

 

先日の琵琶湖では「勝負」とは別に

もうひとつ 「習得したいリグ」があって行きました。

 

0002
ケムネコ

 

 

NOIKEの“kemnpa”に ネイルシンカーを入れて マスバリを縦刺し。

 

コレをボトムまで沈めて そこを切り過ぎない程度に2回煽って 再びボトムまで沈めます。

 

 

先日の勝負でも この使い方で負けました。

 

独特のテールによる 強くなり過ぎないアクション。

上部の平面で水を受けることで 少ない距離移動が可能。

エビがメインベイトの時に ちょうど良いサイズ。

 

そして何より 「ベイトタックルで扱える」 ことが 大きな利点。

ストレートワームでは狙いにくい場所で使用出来ることも 特徴。

 

と 勝負の後で教えられました。

 

 

そして “キモ”となることも教えられ 公開の許可も頂きました。

 

「フックの指し位置」 と 「フックサイズ」

 

指し位置は 前後にビミョーにずらすことで スパイラルな動きも可能。

フックの選定は 身切れの可能性を低減します。

 

 

ここまで考えて ここまで突き詰められていては

負けて悔い... アリアリですが 致し方ありません。

経験差がモロに出たとゆうことです。

 

 

ココが 釣りの“面白いところ”。

猿まねだけでは 一向に差は縮まりません。

 

早く “自分の考え”で出来るように 修行の回数を重ねます。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 要因。 | トップページ | そうなんだ。 »

釣り道具」カテゴリの記事