« いつでも。 | トップページ | た~まや~。 »

2013/08/16

14日は。

 

 

お盆休みも中間点を迎えました。

それなりにゆっくり出来てはいますが 毎日何かとイベントがあります。

それでも今夏は めずらしく規則正しい生活を続けています。

 

 

 

ようやく先日の大阪湾ネタです。

久々のフルコンは 「キバキバ ツアー」に行ってきました。

 

キバキバとは “鰆”と“太刀魚”のこと。

鰆はキャスティングで 太刀魚はジギングで狙います。

邪な自分は サビキの仕掛けも入れてみました。

 

朝5:30出船で 船は脇目も振らず 須磨沖を目指します。

ポイントに着くと 漁師船は休みでしたが プレジャーがワンサカ浮いてます。

かなりマナーが悪そうなので 気を付けなければいけません。

 

 

開始早々 ナブラを発見。

さっそく掛けると エライ勢いでドラグが鳴ります。

 

真下まで寄せてくると... キャプテンが驚くほどの大きな魚影。

しかし 最後のツッコミでバレました。 無念のスタートとなりました。

 

んが 次のキャストで...

 

Dsc093840002(C)Full Contact

 

いきなりの「ダブルヒット」。

いいカンジでの再スタートです。

 

その後も ポロポロ釣れますが10本を越えたところで ナブラが休憩モード。

とゆうことで 太刀魚を狙いにポイント移動。

 

 

いきなり弟子がフォール中に 針金サイズのスレ掛かり。

水深60m付近での2~3枚潮に苦戦していると...

 

0010
 

ようやくフグが釣れました。

さすがに コレはリリース。

 

んが 底をキッチリ取れるのが自分だけなので

ポイントをいくつかは回りましたが キャプテン判断で太刀魚は諦めて 再移動。

 

しかし コレが名キャプテンたる所以。

ナブラ撃ちを再開して早々...。

 

Dsc094140002(C)Full Contact

 

いきなり今夏のフルコン記録となる“84㎝”が出ました。

タイミングがバッチリあってます。 さすがはキャプテンです。

 

その後も ナブラの動きによる狙うべき位置が判明

「ワンキャスト ワンヒット」が続きます。

 

師匠も 弟子も少しづつですが コツを掴んできた模様。

 

しかし コチラはその間に...。

 

0015
 

“シイラ”のサイズを釣り分ける方法が判ってきました。

ちなみにこのサイズ。 船上では“ペンペン”と名付けられていました。

 

最後は...

 

Dsc094530002

(C)Full Contact

 

何とか弟子が間に合い 仲良く「トリプルヒット」達成。

結果 船中48本中 30本以上釣れました。

 

久しぶりに 手首が捥げそうになりました。

 

最後まで笑いの絶えない状況を作ってくれた“キャプテン師範代”に感謝です。

また今回はキャッチ直後の神経締めも ご苦労様でした。

 

 

そして今回のヒットルアーは...

 

0004
 

SMITH 「SURGER 8-10cm」 + DECOY「Y-S81 #4」

 

完全なるマッチ・ザ・ベイトでしたが

なにより“動き”がズバ抜けていた感がありました。

口から溢れ出るほどのイワシを食べていても このルアーは放っとけないようです。

 

ちなみにタックルは

SMITH K.O.Z EXPEDITION EX-S70L/2

SHIMANO Vanquish C2500HGS

VARIVAS PE1.0号 75m + LEADER 30lb

でしたが このセットだと軽く振っても ラインは100mは必要です。

また ドラグの感じからいっても #3000ぐらいが妥当だと思います。

 

まだまだこの状況は続くようです。

太刀魚も 潮の動きでまだまだ良くなるそうです。

サバも大きな群れでしたが 美味しい時期は過ぎ去ったようです。

 

獲った当日にしか食べられない 「鰆の刺身」。

くれぐれも熱中症には気をつけて 貴重な味を楽しんでみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

|

« いつでも。 | トップページ | た~まや~。 »

釣行記 (SALTWATER)」カテゴリの記事