« Come out of 。。 | トップページ | おやつ。。。 »

2012/05/25

サラシの海。

 

 

仕事用や普段着はそろそろ衣替えの時期です。

釣りの服もそろそろ防寒着を洗って収納していい時期です。

今年は...普段の装いを少し変えてみようかな?

 

 

 

先日。 zozo氏との会話の中で急遽決まった徳島行き。

 

Img_05820002


小雨ながらも風速13mの橋を越えて向かった先は...日和佐。

町名と昔エギングで通った道の変貌に目を瞠りながらも 無事到着。

 

今回お世話になるのは...。

 

Img_06420002
第八源洋丸

 

zozo氏のハナシによると神業的な操船技術を持った船長なのだとか。

気合が入ります。 早々に準備を終えて8:30出船。

 

穏やかな港内を抜け外海に出ると...そこは。

 

Img_05850002
 

まあまあ荒れてました。 波は2mくらいかな?

コレはサラシの期待大です。 でも油断は大敵です。

あっほら~。 後頭部を強打して目から火が出ました。

 

てな訳で。 “サラシ”と言えば今回狙うターゲットは当然 『 ヒラスズキ 』。

和歌山で地磯からの経験はありますが ボートからのは未経験。 ワクワクが止まりません。

zozo氏にサポートお願いしたのに加えて ここでもvs. K.O.Z ~番外編を開催。

 

出航から3分。 最初のポイントに到着。 早っ。

ポイント間の移動も2分ぐらい。 ほとんど休む間がありません。

加えてこの波とうねりの中での高い位置の船首に上がって降りての繰り返しは膝にきます。

 

オイラがロッドを取り替えている間にzozo氏がファーストヒット。

船長は操船に集中しなければならないので ランディングはもう片方の役目です。

 

Img_05840002
 

ネットイン成功。

なかなかのグッドサイズです。

やっぱ「マル」とは違って 「ヒラ」は魚体がキレイでカッコイイ~。 heart04

 

サラシの狙うタイミングとキャストポイントの見極めを教えて貰いキャストを続けると...。

 

Img_05910002_2
 

オイラもファーストヒット&ゲット。 ナナマルを余裕で超えるサイズ。

最後の最後まで諦めを見せないパワフルな「ヒラ」はやっぱりサイコー。

でも後頭部がイタイし 目がフラフラ。

 

Img_05940002
 

“SARUNA 110F”の廃盤サバカラーをガッツリーと「ハーモニカ食い」してます。

フックもDECOYのYS-81が大活躍。 バレない上にビクともしない強度です。

 

さらに続いて“zozo氏”がヒット。

 

Img_05960002
 

でもって立て続けに。

 

Img_05990002
 

一瞬のチャンスを逃すことなく連発。 オイラは逃しましたが...。

陸と垂直に立っている船から 陸の壁際を引いて食わせるところはさすガっス。

「おニューの合羽」と「プロトのロッド」が誇らしげです。

 

しかし残念ながらこのロッドはこの直後に故障してしまいました。

それも良いテストになっているようです。

 

オイラも単発ですが 50~60サイズを量産。

 

Img_06070002
 

ときどき70のグッドサイズ。

この辺りから後頭部のことは忘れ始めました。

 

お昼前になるとナマ暖かい風が吹き始めました。

ゴアの合羽の中は“ムンムン・ムレムレ”。 熱気で溢れてきました。

 

サラシも絶好調。

 

Img_06320002
 

船長の操船は“サスガ”を超えて“神の領域”です。

全ての状況を計算に入れて 岩と岩の間スレスレに船を滑り込ませます。

「一瞬でも気を抜いたら即アウト」な状況です。

 

そんな中で2人はさらに量産しますが 60クラス以下のノーマルサイズの写真は省略。

贅沢病が2人同時に襲ってます。

 

しかも。 ここらで1発ドデカイのが欲しくなったので恒例になりつつあるブツを体内に注入。

 

Img_06280002
菊○プリン

 

「5口・10秒もあれば注入可能」と最近zozo氏との間で流行っている1品。

ただし。 気まぐれ指数が高く 何時どのプリンが効くかは不明。

 

今回のは即効性に優れていました。

 

Img_06120002
 

Rod : SMITH BLOW SHOT BORON Riversider86

Reel : SHIMANO STELLA 2500

LINE : PE1.5号 + FLUORO 40lb

LURE : SMITH SARUNA 110F サバカラー

 

この日のMaxとなる81㎝をゲット。

“サバカラー” 恐るべしです。 復活を望みます。

 

しかしこの後“サバカラー”を紛失。

オイラのテンションは「ガックシー down」です。

“イワシ”と“コノシロ”で挑みますが 圧倒的にバイトが激減。

 

その間にほぼ同時に“プリン”を注入したzozo氏にヒット。

 

Img_06240002
 

ロッドの感触を楽しんではると思ったら...。

 

Img_06170002
 

プロポーション抜群のナイスサイズでした。

あまりにカッコイイ魚体なので 『K.O.Zポーズ』でもう1枚。

 

Img_06190002
 

この頃。 前夜の睡眠1時間のオイラの体力は限界点を突破。

帰り道中を考えて体力を温存しました。

 

だもんでラストはzozo氏に締めくくりを託しました。

 

Img_06380002
 

期待に応えてくれましたが お茶目なオジサンになってしまいました。

しかも このポーズが気に入ったのか「もう1枚」を要求してきました。

 

Img_06410002
 

終わってみれば2人で15本を超える大漁。

オイラは7本ぐらい釣れました。 scissors

 

Img_06460002
 

小っちゃいのは現場で キープした分も大きいの以外は全てリリース。 paper

 

てな訳で。 vs. K.O.Z ~番外編はオイラの勝ち~。 scissors

ご褒美は...ナイショです。

 

帰りは徳島市内で...。

 

Img_06600002
 
 

名物「徳島ラーメン」。

zozo氏はケイタイを離すことが出来ないほど原稿に追われてるようです。

 

 

後日。 81㎝を食べましたが めちゃめちゃウマかったです。

「刺身」に始まって 「塩焼き」 「カツ」 「バター焼き」 「皮の湯引き」・・・何しても美味でした。

骨以外捨てる所が無く 皮と身の間にあるゼラチンの食感はヤミツキになりました。

 

このサカナの味は釣り人だけの特権です。

 

また来年行こっと。

SMITHさん “サバカラー”の復活をゼヒゼヒゼヒ宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

|

« Come out of 。。 | トップページ | おやつ。。。 »

釣行記 (SALTWATER)」カテゴリの記事