« 隙の無いのがスキ。 | トップページ | ワナは大盛り。 »

2012/05/12

GW その1。

 

 

薄曇からスタートの土曜出勤日。

昨日コマシになった<黄砂+スモッグ>がまた猛威を揮ってます。

「鼻にシャッター」を切望するオイラです。

 

 

 

てな訳で...。

GWの釣行をボチボチと。

 

第1弾はまたもやフルコンタクトへ。

世界のzozo氏から“仕事をしに来なさい”との命令が下りました。

だもんで道連れにHTM師匠を連れて行ってきました。

 

20120430_2333062
(C)FULL-CONTACT

 

21時出航。 この日は“ミドルキックコース”と称して大阪方面へ向かいます。

 

最初のポイントで1投目からいきなり釣れました。

 

20120430_2333166
(C)FULL-CONTACT

 

痩せてるけどキレイな魚体のカワイ子ちゃんです。

この日も黄砂がキツくてマスクマンです。

 

続く2投目でも釣れました。

 

20120430_2333064_2
(C)FULL-CONTACT
 

 

ちょっとサイズアップ。

今宵もええ仕事してゆくオイラです。

 

zozo氏との後追いダブルも。

 

20120430_2333167
(C)FULL-CONTACT

 

この日Maxとなる63㎝がオイラに。

開始1時間ちょいで仕事はほぼ達成です。 あとは“ハチマル”を狙うだけ。

 

最近は後追いダブルが多く しかも先釣れよりも大きいのを釣っていますが

コレはあくまでもzozo氏のスイッチの入れ方が天才的だからです。

オイラはそのおこぼれを授かっているだけです。 まあまあ悔しいです。

 

この後もバンバン量産していきます。 ちなみにまだ最初のポイントです。

て言うかライブウェルがイッパイパイになったので放流リセット。

 

最初はボートからの釣りに苦戦していた師匠も。

 

20120430_2333170
(C)FULL-CONTACT
 

 

待望の1匹。 さらにコツを掴んだのか この後量産体制に?

んが。 キリが無いのでポイント移動。

 

武庫川が見えて釣って...北港が見えて釣って...USJが見えて釣って...

港大橋が見えて釣って...IKEAが見えて釣って...南港が見えて釣って...

気がつくと...堺のコンビナート。 エライことです。 何故かパスポート不携帯が気になり出します。

 

などと思っていると...師匠がやってくれました。

 

20120430_2333204
(C)FULL-CONTACT
 

 

太っとい61㎝を捕獲成功。

えがった えがった~。 zozo氏も満面の笑みです。 しっかし靴デカイな~。

顔が引きつってますが オテテはもっとガクガクしてはりました。 ププッ。

 

終始和やかムードの中で釣れ続きますが...。

ここで思わぬことに気付きました。

 

Acc6ee32
(C)KOZO OOKUBO

 

師匠とのダブルでテンションもアゲアゲ過ぎてピンボケモードですが...大事なことに気付きました。

ロッドとルアーの違いで“数”も“サイズ”もエライ差が出てしまってます。

 

Img_04200002

この日は“子イカ”と“マイクロベイト”がキー。

SMITH LTD. 「サラナ80F」の#45クリアグリッターが大活躍でした。

透明ボディーがルアーサイズをボカシて“マッチ・ザ・ベイト”。 ええ仕事しはります。

 

しかしココで事件発生。

狙っても入るはずの無い岩の隙間にオイラの貴重な1本を突然持って行かれました。

ガックシです。 仕方ないので2サイズ上の110Fの同カラーを投入。

 

でも関係なく食ってきました。

やはりサイズのボカシがかなり効いてる証拠です。

 

そんなことを考えながらバンバン量産しつつ残業していると...?

 

Img_04260002
 

やはり今回も夜が明けてしまいました。

 

ここでキャプテンと師匠にオネムの表情が出てきました。

残った2人はウルトラ元気モード。 ムリヤリ最後のポイントを要求。

 

この日まともにロッドを振ったzozo氏。

 

Img_04330002
 

一撃で59㎝です。 さすガっス。 「ハラタチマスデスネー」です。

 

んが。 その次の瞬間。

zozo氏とは反対側のちょいと沖目のブレイクを狙ったオイラに。

 

Img_04310002
61㎝。

 

20120430_2333264
(C)FULL-CONTACT
 

 

あははは。 やったりましたわ~。 小踊りですわ~。

 

てな訳で8時帰港。

この日20本を余裕で超える大漁で無事に仕事を果たせました。

 

それにしてもzozo氏とキャプテンは最強で最恐のタッグです。

zozo氏は「スイッチ」を。 キャプテンは「釣り人に合わせた操船」をキッチリこなしてくれます。

どう考えても“釣った”より“釣らせてくれた”です。 まあまあパーペキです。

 

この次の課題は...。

“ハチマル”と“トリプルヒット”と“スイッチ”です。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 隙の無いのがスキ。 | トップページ | ワナは大盛り。 »

釣行記 (SALTWATER)」カテゴリの記事