« やたっ。。。 | トップページ | ゴロゴロ。。。 »

2012/04/01

いかなご → ? 。

 

 

今日は「エイプリルフール」。

もうオトナなのでステキな嘘をつかねばなりません。

しかし“ボキャブラリー”と“発音”に難アリ。 まあそないに言う相手も居ませんけどね・・・。 

 

 

 

春の嵐が明けると・・・そこには春の訪れが。

 

1204010003
 

いよいよ桜の蕾が動き始めました。

今年は冬の寒さが厳しかった分だけたくさんの花をつけそうです。

 

そして昨日の晩ごはんでも。

 

1203310007
 

淡路島から届いた“春”。

右がご近所のおばちゃんが作ってくれた「いかなごの釘煮」。

左はなんだか分かりますか?

 

実はコレ 右のいかなごの“成魚”。 ヘニョヘニョ感が似てるでしょ。

関西での呼び名は「かますご」。 漢字で書くと「加末須古」。 暴走族のアテ文字みたいです。

塩焼きを“二杯酢”につけて骨ごとバリバリと頂きます。

 

まだ寒さの残る3月初旬に食す「いかなご」。

4月前後の桜の訪れる頃に食す「かますご」。

オイラが本当に春の訪れを感じるのは「かますご」の頃です。

 

ちなみに関西周辺の「いかなご」は夏眠を行います。

入梅頃から11月ぐらいの間は暑さから逃れるために砂に潜って秋を待つんです。

秋? 冬前? になると砂から這い出してエサを活発に漁り産卵期に入ります。

 

「いかなごの漁期」が限られているのはこの産卵期にあたるからです。

関西での寿命は2~3年。 北海道では6年で25㎝ぐらいにまで成長するようです。

 

でもってこの時期にこれまたよく聞く名前「こうなご」。

これは「いかなごの女の子」を指します。

 

本当の春の訪れをマジマジと感じさせてくれる「いかなご・かますご」。

その一方で「春告魚(メバル)」が活発化するのもこの時期。 理由は捕食(ベイト)。

釣りをするオイラにとっても無くてはならない生き物です。

 

 

 

 

 

 

 

|

« やたっ。。。 | トップページ | ゴロゴロ。。。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事