« はううぅ。。 | トップページ | 春を探す (その2)。。 »

2012/03/05

春を探す (その1)。

 

 

さあ始まりました。 日本の西で始まる国家主席の交代劇。

口火を切ったのは最北の「ロシア」。 この後南下しながら選挙は続きます。

これから先日本を取り巻く状況はどうなってゆくのでしょうか?

 

 

 

久しぶりの土日連休。

お天気も一時的に回復の傾向。

てな訳で一日をフルに使ってオッサン2人で“春”を探して来ました。

 

朝向かったのは。

 

Img_00640002
淀川

 

たくさんの人が思い思いに楽しんでおられます。

最初に「春バス」を探してみましたが逢えませんでした。

 

次に探したのは。

 

Img_00670002
土手の中

 

土手の勾配を上下左右に這いつくばりながら探すと・・・ありました。

 

Img_00720002
つくし

 

トクサ科のシダ植物であるスギナの胞子を生じるための特別な茎。

先端部が開いていない右のものが小さいですが柔らかくて苦味も少なく食べ頃です。

 

ちなみにこの“つくし”は胞子を飛ばした後はすぐに枯れてしまうそうです。

つまり本体?が子孫を残す胞子の為に別に出したモノが“つくし”なのです。

 

こんなモノも見つけました。

 

Img_00740002_2
七星テントウ

 

他にハチも花粉を集めていました。

先週はまだ寝ぼけていた虫たちも忙しく動き回ってます。

 

Img_00780002_2
タンポポ

 

他に菜の花も咲いてました。

汚れたオッサンも強制的にメルヘンな気分になります。

 

しかしココで狩猟民族の血が騒いだのか・・・?

 

Img_00750002
“淀川の番人”がイナゴを捕まえてきました。

食べるんでしょうか? いちおう火を通すことを提案しておきました。

 

Img_00800002
 

“番人”の今日の収穫量。

あっという間の3時間でオイラにもガッツリー採れました。

 

帰宅後は母上様に下処理と調理を依頼。

オイラはそのまま夜の“春”を探しに行きました。 決してピンク色のではナイです。

その模様はまた明日。

 

そして次の日の晩ごはん。

 

Img_00920002
 

“天ぷら”になって出てきました。

やさしい苦味の先端部と甘い茎がたまりません。

 

小学生の頃は家の近所でも売るほど採れた「つくし」。

自転車の前カゴイッパイに持って帰って怒られたこともありました。

でもってもっと太くて苦かった気がします。

 

今考えるとそんな場所はドコにもありません。

さみしくなったものです。

 

でも久しぶりに穏やかな陽射しを浴びて

子供みたいに土手で遊べてサイコーに楽しい時間を過ごせました。

 

またヒトツ淀川の魅力を見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

|

« はううぅ。。 | トップページ | 春を探す (その2)。。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事