« ブリット。。 | トップページ | 水質はよく判った。 »

2012/03/11

偶然の産物。

 

 

震災から1年。

そんな今日は何かと不可思議な一日でした。

その模様は明日にでも・・・。

 

 

 

そんな昨夜はまたもや師匠と・・・。

時間的な制約から今回は本土で“春告魚”を探してきました。

 

135°子午線地点で起きた事故により到着が大幅に遅れるというスタートから危うい展開。

しかしその直後に知り合いと数年ぶりにバッタリ再開でオイラのテンションは急上昇。 世間は狭いね。

 

ついでにここいらの最近の状況を聞くと・・・「かなり悪い」の答え。

んがこの予期せぬ偶然は“絶対に釣れる”と予言してしまうほどのものでした。

しかしコレが当たりました。

 

最初の漁港で早々に。

 

Img_01130002
激ヤセメバル

 

産卵直後なのかヒレもボロボロ。

すぐにお帰りになっていただきました。

 

んが。 漁港内をひたすら移動し続けるもその後は無反応。

師匠は小さいメバルと格闘するも不発。

 

すでにココで時間が少なくなったので過去の実績場の様子を確認しに行きました。

でも今年初なので出来るだけ丁寧にコマメに探っていきますがアタリのみ。

 

さらにテクテク歩いて最奥にある藻場と反転流の実績場に到着。

様子を見ると単発ながらボイルの音がします。

さらに結構な流れがあるのでジグヘッドを重めにチェンジ。

 

すると1投目で強烈なアタリがきました。

 

Img_01180002
メバル17㎝

 

ソリッドティップのロッドを何度も強烈に曲げてくれた“マッチョ君”

その後もタナが分かるとポツポツ釣れます。 師匠は苦戦しながらアッチヘ・コッチへ。

 

その頃ジグヘッドに飽きたオイラは久々に“プラグプレイ”。

ボイルをしている表層君を狙うと・・・すぐに釣れました。

 

Img_01210002

ちゃいちい君

 
 

犯人はカワイイこの子でした。

これもまたコツを掴むと連発モードに突入。

 

しかし気付けば時刻は午前3時30分。

遅くても朝の6時には起きて近江の国へ行く予定のオイラ。

だもんでサッサと撤収です。

 

この日は15~17cmの小さな“春”がたくさん遊んでくれました。

やはり前評判どおりに芳しくは無いようです。 でもシーズンはまだこれからです。

三寒四温とともに良い方向へ向くことを願ってこの日もオールリリース。

 

最後は師匠に今日という日を全身で表現してもらいました。

 

Img_01240002
強制リセット

* あくまでも表現です。 ホントに折るような方では決してありません。

 

 

師匠にも必ず“春”は来ますって。

何時かは判らんけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

|

« ブリット。。 | トップページ | 水質はよく判った。 »

釣行記 (SALTWATER)」カテゴリの記事