« 揃ってるのに。。 | トップページ | T型解体新書。 »

2011/10/10

ムコイチ。。。

 

云わずと知れた、「体育の日」の今日。

思った以上に歓声は聞こえません。 じゃあ、一体何の日なんだ?

そんなイメージを強く受けた今日は出勤日。 ココが製造業の辛いところです。

 

 

 

てな訳で、昨日のBlogに書いたことがその日の内に現実化。

そう、前夜のリベンジという名目で、ムコイチこと“武庫川一文字”へ。 この行動力はどこから?

 

15時、渡礁? 途端に小さな女の子が走り出す。 そう、場所取り。

見ていて非常に気分が悪い。 場所取りはまあいいとしても、なんか事故でもあったらどうすんのさ?

近頃は、「子の姿を見て、親を嘆く」ってカンジ。

 

気分を取り直してテクテク歩いて場所を決め、釣り開始。 この日の本番は日暮れから始まる、“タチウオ”。

でも実は、この日のオイラの主目的はその日暮れまで。 その目的とは、「サビキ」。

オイラの最初の海釣りは、南港一文字で亡き親父から教わった、この釣りから始まったのです。

 

でも実は、オイラのエサ釣りの苦手はコレが原因でもあるんです。

“オキアミ”が手に付いたり、波止にこびりついて乾燥した時のあの匂い。 ゲロゲ~ロです。

しかし、今や手で触らなくてもカゴに入れられるバケツが登場。 スバラシイ発明品。 怖いモン無しです。

 

んがやっぱり、流石だね、“ナマエサ”。 釣れるわ、釣れるわ、15cmほどの見るからに美味しそうなアジ。

タナが判ると、オキアミ無しでも入れパク。 オイラもあの頃とは多少進化したようです。(笑)

昨日に引き続き同行した翔ちゃんと、2人してはしゃいで釣りまくってました。

 

Dsc_1173
 

しかし、この翔ちゃん、ホントなかなかのいい素質を持ってます。

ほんのちょっとのヒントを直ぐに自分のモノにしてしまいます。

で、その結果が3本の針に4匹。 その内、5本の針に5匹。 いい後継者になりそうです?

 

Dsc_1177

そうこうしている内に・・・。

 

Dsc_1179
 

夕暮れ。 いい眺めです。

さぁ、ではこの日のメインイベント?の“タチウオ”。 ソフトルアー+ジグヘッドで狙います。

 

ここで本領を発揮したのが、またもや翔ちゃん。

 

Dsc_1180
 

開始早々、いきなりのグッドサイズ(ココでの)です。 いい“ドヤ顔”してます。

そしてそして、勢いづいた成長期の彼は続けてもう1本。 取り残されたオッサン2人、カタナシです。

HTM師匠は歯形ばっかりで、2連発でブチ切られる始末。 オイラも慣れない釣り方に四苦八苦。

 

しかし、とうとうオイラに釣られるお調子者が出現してくれました。

 

Dsc_1181_3
 

この釣法で初めて沖で釣った、ウレシイ1本。 加えて、早掛け勝負でも勝利。

しかも、唐揚げにしたら劇ウマなサイズ。 とりあえず、ボウズも逃れました。

しかし、この間にも翔ちゃんはさらに追加。 師匠も何とかの1本。 

 

結果、タチウオの部は翔ちゃん4本、オイラ2本、師匠1本。 参りやした。

21時に迎えの船が来て、終了。

 

この日は、「イワシ・アジ・コノシロ・サバ・タチウオ」と、五目釣りが楽しめました。

たまにはこんな穏やかな日差しの下でのノンビリな釣りもいいモンですね。

楽しい時間を過ごすことが出来ました。 今回もありがとうです、師匠。

 

 

 

んん? 師匠・・・?

ああ、忘れてました。

 

Dsc_1174
 

こんなのも釣ってましたね。 “グレ”。(笑)

 

 

それにしても、ココはマナーが悪いですね。 ゴミの放置も多いし。

隙があれば一人でたくさんの竿を出して流されっ放しにするわ、潮の流れを考えずにキャストするわ。

夕方からの為に昼から渡らないといけない釣り場なんて、ココぐらいじゃないのかな?

 

 

 

 

 

 

 

|

« 揃ってるのに。。 | トップページ | T型解体新書。 »

釣行記 (SALTWATER)」カテゴリの記事