« Wけいすけと。。。 | トップページ | カボチャの日。 »

2010/10/30

夜勤再び。。。

 

突然ですが・・・。

今日の誕生花は、“ロベリア”。 花言葉は、“悪意”。

な・なんて恐ろしい日。

 

 

 

それはそうと、今年も始まりました 『 夜警 2010-11 秋春巡回 』。

名前だけを聞けば「パリ・コレ」並みですが、単なる運河巡り。

そう、シーバスの季節がやって来ました。

 

てな訳で、自称シーバス歴17年の師匠 HTM 氏と共に、事件の多い神戸某所へ。

午後9時、現場到着・警ら開始と共に事件の発生連絡。 大多数の何物かが、複数に襲われている模様。

 

早々に武器を用意して状況を探る。 連発でアタるものの、かわし逃げられる。

どうやら、ボイルではなく、いたぶってる様な感覚。 コレは何とか捕まえて、厳しく叱らねば。

 

そして、そこは流石の師匠。 早々にパターンを見つけ出し、親分クラスのナナマルをバラシ。

師匠配下のタレコミ情報によれば、1時間で下っ端の40~50クラスが4・5匹は捕まるとか。

そんな事を聞いていたオイラは、迷わず柔らかめの竿を選択していたのだが・・・。

 

 

やっぱり、騙されてました。 しかも、身内に・・・。

 

1010300001

 

スナップが、“ビロロロ~ン”。

きっちりルアーだけ持って行かれた。 かなり悪どい奴らである。

 

それを見て師匠が一言、「そう言えばこの前、70後半クラスが捕まってたらしい」。

早く言ってよ、師匠・・・。

 

しかもこの後、2本立て続けに持って行かれる。 師匠も3本やられた模様。

それでも、何匹かを捕まえ尋問するも、サイズの小さい下っ端ではハナシが通じない。

現場ではまだまだ襲撃が止むことなく、続いている。

 

ボスを仕留める武器を失った我々、当然このまま引き下がる訳にはいかない。

ポイント休めを兼ねてクルマを飛ばし、武器を追加した後、再度警らへ。

 

現場に戻ると、まだ状況は混乱していた。

さらに何匹かを捕まえるものの、中堅幹部クラスのロクマル級止まり。

親分の居場所を尋問するも、かえって挑発してくる始末。

 

1010300003

 

よく観察すると、親分は少し離れた別のグループを襲っている模様。 頑張るが、届かない。

 

しかし、ここで衝撃の事態が。

オイラの放ったルアーに、襲われているはずのベイトが。

もう大パニック状態。 次々にあがって来る。 かなり怯えている様子で鱗ビチビチ・ブルブルも止まらない。

 

それもそのハズ。

次に捕えた1匹で状況が掴めた。

 

1010300002

 

キバキバ系のヒットマンが配備されていたのである。

これは怯えるはずなのである。 さらにもう1匹を捕まえ、厳しく指導した後、解放。

しかし恐らく、すぐにまた悪いコトをするのである。

 

そしてこの後、師匠とオイラは親分を捕獲すべく頑張ったが、幹部クラスの追加のみで、親分は逃げ遂せたようである。

 

やはり神戸、その中でもココは事件が多い。 今年も重点巡回を続けねば。

などと言いながら午前4時、今日の警らは終了。 気だるい、それでも気持ちのいい疲れの体で帰路についた。

 

 

しかし、本当の事件はこれからであった。

2人同時に叫んだ。

 

「 あ~、今日は仕事日やったんやぁ~! shock

 

 

<多分、続くのである>

 

 

 

 

|

« Wけいすけと。。。 | トップページ | カボチャの日。 »

釣行記 (SALTWATER)」カテゴリの記事