« さてと。 | トップページ | 見知らぬハマチ。。。 »

2010/09/07

伊予灘一周ブログ旅。。

 

台風、本土襲来。 大阪も久方ぶりに雨が望めそう?

井戸が涸れそうなのを心配していた母上様も、庭の木々も待ち侘びているようです。

しかし、今週末に大会を控えたオイラとしては・・・、む~ん複雑。 think

 

 

そんな昨日は松山へ。

行きたい行きたいと思いつつも2年が経過して、もう我慢の限界。

てな訳で、無理から急遽、青物キャスティングとジギングに行って来ました。

 

松山ソルトウォーカーズ『心技体』のメンバーに合うのも久しぶり。

会長は多忙の為に会えませんでしたが、キクリン氏とナーサリー君とご対面。

キクリン氏は長髪になり、ナーサリー君は・・・三十路になってました。 bleah

 

この人見知りするけど人懐っこい、松山在住の「4人目の適格者」ではない、ナーサリー君

青物やメバル、ナマズやバスなど興味を持った釣りにはとことん集中する彼。

だが、ちょっと変化球的な“エヴァ”ファンでもある彼。

 

 

そんな彼にこの日を表現させると・・・?

 

1009060001

伊予灘の中心でダメを叫んだけもの

 

だそうです。 wobbly

股間下にあるスピーカーで大きく叫んでいるところがミソです。

彼に言わすと、「サイコロが・・・」などと意味不明なので、“せめて人間らしく”カラダで表現させました。

 

この日は台風の影響もあったのか、松山の遊漁の代表とされる伊予ン様をもってしても、厳しかった。

“雨、逃げ出した後”のポイントで、ナブラを中心に攻めたこの日。

ナブラが出た“瞬間、心、重ねて”、全員で投げまくりましたが、食うルアーは決まって同じ人。 coldsweats02

 

この状況で、とてもじゃないけど、何度もブログを更新するネタは探せません。

それでも西岡船長は伊予灘をグルリ1周しつつも、絶妙なタイミングでポイントを廻ってくれました。

いつも諦めないそのブレの無い姿勢には、常にアタマが下がります。 ありがとうございます。

 

そんなオイラも、2年ぶりの会話もそこそこに休まず“奇跡の価値”を求めて頑張りましたが、結果は・・・。

すいません、これ以上はオイラもナーサリー君も耐えられないので。 crying

 

ナーサリー君、こんなんでいいかな? おかげで痛いブログになってまったわ~。 despair

 

でも、久しぶりの伊予灘は気持ちが良かった。

ドコの海で釣りをしてても、やはりオイラの“魂の座”はココにあるようです。 confident

 

 

-予告-

 

次回、「見知らぬハマチ」。

この次はフツーで行きます。 サービスは・・・無しです、無しです。 end

 

 

 

 

|

« さてと。 | トップページ | 見知らぬハマチ。。。 »

釣行記 (SALTWATER)」カテゴリの記事