« 対策。。。 | トップページ | 目玉再び。 »

2009/05/03

1日は。

 

さてさて、今日も琵琶湖。

3人で湖上に浮きますが・・・。

3人ともタイプが違うので、どうなる?

まぁ、行きつくトコは決まってるんですがね。

 

 

そんな訳で、1日の琵琶湖。

この日のパートナーは、ボーリンガー氏。

何とか前日から眠れる術を見つけた模様。

 

朝一、南湖西岸中央部へ。

水中に大量の切れ藻が漂う。

心なしか、水の色も悪い様子。

とにかく魚探映像を見つつ、探索。

15分で終了。 TAIGANOVERへ移動。

 

東岸はまあまあなカンジ。

魚探にも明らかなバスの反応が。

巻き物を中心に探るも不発、移動。

 

南湖南部中央部へ。

ものスゴイ船団が形成済み。

でも、大半の人は位置が違う?

隙間を縫って、GPSのピンスポットへ。

すぐにSPヘビキャロのボーリンガー氏にヒット。

Pa0_0657

上がって来たのは40ぐらいのバス。

 

少しラインを変えながら探るも、アタリのみ。

コレは相当のプレッシャーがかかっている様子。

アタリが遠のいたので、南湖東岸中央部へ移動。

 

この頃、強めの風に襲われる。

ちょうどいいので、マリーナでお昼ごはん。

Pa0_0654

今日のメニューも出前のカレーである。

しかし、ここでオイラのカレーに事件が。

時節柄、内容は省略も、犯人は確定済。

 

午後から再び南下。

南湖西岸中央部を下見、再び対岸へ。

魚探の反応も良く、全域に魚の反応多数。

巻き物でのサーチは不発、ライトリグにシフト。

風と流れに乗りながら、ピンスポット上を流すと、

Pa0_0652

ボーリンガー氏に46cmのグッドサイズ。

アフター回復バスらしく、走り廻る。 楽しそう。

 

オイラはアクションが決まらず、苦戦の連続。

とうとうプチ切れたオイラは、フテ寝作戦決行。

Pa0_0653Pa0_0651

 

時刻も15時を回ったので、一気に北上。

北湖西岸南部へ。 水がかなり悪く、ターン状態。

一流するも、即終了し、北湖東岸南部へ再移動。

 

水の状態も少しはマシ。 

魚探の反応もかなり強く出ている。

が、食い気は弱く、3回流し、チビバス連打。

18時まで粘るも、またもや “やっちまったなー”。

 

しかし、2日後には水も変わるだろし、

今日の収穫は予想が当たったので、ヨシ。

 

マリーナへ帰着すると、昼の犯人は容疑を否認。

何食わぬニヤケ顔で、ボートにガソリンを給油された。

Pa0_0646

コヤツが今日の全ての犯人、モッキー。

チキンカツ”を“フライドチキン”にした男。

いつか必ず、シッポを掴んでやるのである。

 

 

|

« 対策。。。 | トップページ | 目玉再び。 »

釣行記 (FRESHWATER)」カテゴリの記事