« 今日は。 | トップページ | あおり過ぎ注意。 »

2008/12/01

30日は。

 

今日から師走。

寒さも景気の悪さも身に凍みます。

永久凍土並みのこの不景気、いつまで?

 

てな訳で、昨日の大会の報告。

結果から言えば、大炎上、丸坊主。

一足お先に湖上で凍り付いてきたオイラです。

2

 

上位は予想通りのハイウェイト。

さすがですねのヒトコトしかございません。

 

オイラも何とか頑張ったのですが、

ノンキー7匹という、超ど貧果でした。

でも一応、過ごし方を報告しておきます。

 

朝から風ボーボーの南湖。

これを避けて朝一は北湖へ。

10回ほど空を飛びつつ大橋を越えると、

そこは天国のような穏やかさが広がる。

エンジンが心配。

 

その勢いで北湖西岸に到着。

ポイントに着くなり、魚探はベイトでマッカチン。

ジャークベイトで探ると、1投目からのらないアタリ。

その後、沈黙したかと思うとアタリが出だす展開に。

試しにスピンニングを投入するが、全くの無反応状態。

ジャークベイトに持ち替え、ノンキーと格闘。 ここで7本。

そう、この日すでにココでオイラの試合は終わっていたのです。

 

その後、サトシン塾長から電話が。

頼んでいたSPルアーとシーアンカーを受け取る。

来たついでにとなりの蓬莱で釣るが、ベイトのアタリのみ。

 

移動を決意し、一気に南湖南エリアへ。

またもや大橋を越えると、そこは地獄の荒波。

着くまでに20回ほど空を飛びました。 船体が心配。

 

魚探をかけると、真っ白け。

オイラの頭が。 木曜と水温が2度も低下。

3本のラインをベイトを探しつつ、バイブレーションでサーチ。

 

真ん中のラインで、鈍い当たり。

ルアーを完全に止めたものの、のらなかった。

その後しつこく探るも、風がボーボー、アタリなし。

 

におの浜周辺で、ナカジー君とダウザー君、

ともいち君に出会ったので聞くと、全員丸坊主。

早々に見切って、北上、今度は7回ぐらい飛びました。

サイドに取り付けていた魚探がとうとう、ひん曲がりました。

 

最後のポイントは、山の下湾沖。

クランクを巻きながら、ベイトを探す。

ベイトを発見し、直撃するも、無反応。

スピンニングに持ち替えるも、無反応。

ここで時間切れ、無念の帰着と相成りました。

 

あまりの不出来に、表彰式もパス。

そうそうにマリーナへ逃げ帰り、ボートの整備。

この日はたくさんお空を飛んだので、念入りにチェック。

スイス~イっと混雑する前の高速を走り、15時半には帰宅。

 

あまりの鬱憤の溜まりように、

ふて寝を決め込むのもイヤなオイラは、

義兄を引っ張り出し、うるさい例の場所へ。

 

しかしここでも、魚群に遭遇しながらも、

ハズしてしまい、¥20000のマイナスを食らったオイラ。

ふと見た携帯画面の占いが12位だったことで逃げました。

22

 

この日の晩ごはんは、お外でとんかつ。

全てが終わってから食べるところが我が家っぽい。 coldsweats01

 

いや~、釣りってほんっと、難しいモンですね。 ではまた。 crying

 

 

|

« 今日は。 | トップページ | あおり過ぎ注意。 »

釣行記 (FRESHWATER)」カテゴリの記事