« 欲張り君。。 | トップページ | 今日は。 »

2008/09/22

21日は。

 

いや~、昨日はよく降りましたねぇ~。

コレで一気に涼しくなりますかねぇ~。

てことは、女性の薄着もこれまでですかねぇ?

 

そんな意味をはき違えて残念がる、昨日のオイラ。

久々の南湖 一人旅。 気分的にもラクチンモード。

やりたいことが盛りだくさん、見たいモノも目一杯。

 

朝6時15分出撃。

今日は南湖全域を巡る。

雨の降り出すまでが勝負。

と、考えていたのが甘かった。

この時すでに警報が発令中。

が、当然この時点で知る由もない。

 

本湖に出た。

北方向には濃い雨雲が張出す。

風は西から東へ向かっている。

となれば、南エリアへ。

 

5分後到着。

風はほとんど無風状態。

悩んだ挙げ句に、朝一はシャローへ。

スピナーベイトとバイブレーションで手早く探る。

しかし、無反応。 まだルアーを追い切れないのか?

 

ウィードブレーカーに切替え、ゆっくりめで探る。

すると、1投目からアタリ。 だが、30cm台後半。

その後連発するも、サイズはグッドサイズ止まり。

釣り開始から30分後、ハスがコアユを追いまわす。

 

6匹釣っても、40cm台は2匹だけ。

エリアを変える。 バイブレーションで探るも不発。

ウィードブレーカーに変え、同じくゆっくりめで探る。

するといきなり、いい感じのアタリと重みがやって来た。

溜め込んでから一気にフッキング。 ナイスファイトへ。

ウィードへの突っ込みを何度かかわし、ネットで取り込む。

あがって来たのは50チョイのナイスバス。

Ca3b0060

 

流しながらさらに釣っていくが、サイズが伸びない。

と、ここで東岸で雷が発生。 まだ距離はある模様。

しかし、沖合から次々にボートが走ってくる。避難か?

かまわず釣り続けていたが、急激に風向きが北風に。

 

Pa0_0034 Pa0_0035

                    これから1分後には、この状態。

 

見る見るうちに、黒い雲がこちらへと向かってくる。

ギリギリまで粘るも、ヤバいと感じ近江大橋下へ避難。

橋脚にロープを繋いだ途端に土砂降り。 危なかった。

Pa0_0032

朝ごはんを摂りつつ様子を見ていると、声を掛けられた。

「ナイスなロープですねぇ~。」

横を見ると、秦 拓馬Proの姿が。 話しながらタイミング待ち。

 

約30分後、雨が小降りになった時、携帯を見ていた秦Proから。

「 ぼちぼち上がりますわ。 このタイミングで帰らんとヤバいですよ。 」

と、教えてくれた。

「 今日はもう無理ですかねぇ? 2時間しか釣りしてないんだけど。 」

とは、オイラ。

「この切れ間を逃したら、すぐまた次の雨雲が来るみたいですよ~。」

とのお返事に、即座に撤収を決定。 7分後、マリーナへ無念の帰還。

朝一に出た面々はチャプター参加の一人を残してオイラが最後だった。

 

しかし、ここで大チョンボの危機。

ボートをトレーラーに積み込んでから、背中に1匹いることに気づいた。

危なかった。 某Proのように50UPの干物を作ってしまうところであった。

 

ちょうどいいので、マリーナの人に写真を撮って貰う。

Ca3b0062

 

結局、この日も数釣りで、2ケタ安打もグッドサイズ以上は3匹のみであった。

重量換算でも、この3匹では5kg半ばしかない。 チャプターならボロ負け君。crying

沖をやりたかったが、タイミングを掴み切れなかったことに後悔しつつ、帰阪。

まあ、この天気で出られただけでもヨシとするかな。

 

イチかバチかで勝負したこの日はなんとかなったものの、次は無いな~。

ボートで出られる皆さんも、天候を読むタイミングと決断には気をつけて。

陸っぱりでも、もちろん同じことですよ~。

せっかくの釣行が無駄にならないように。

以上、悪い見本のオイラでした・・・。

 

 

|

« 欲張り君。。 | トップページ | 今日は。 »

釣行記 (FRESHWATER)」カテゴリの記事