« 懐メロ? | トップページ | 密約。。。 »

2008/09/16

14日は。

 

琵琶湖の田んぼはもう稲の刈り時。

オイラの髪は先週に刈り込み済み。

でも、天候はまだまだ夏モード。

ビールもまだまだススム君です。

 

14日は急遽決まった琵琶湖。

近いからすぐに決めてしまう。

オイラの待望のF氏との釣行。

同船するのは今回が初めて。

今日はオイラの釣りを敢行。

 

朝6時20分に湖上へ。

マリーナから出た瞬間から手漕ぎボート、

南湖沿岸に出た瞬間からはアルミボート、

南湖中央部からはバスボート+プレジャー。

避けるのに一苦労。 心眼が要求されます。

超大船団を縫って南湖南エリアへ、一目散。

 

朝一はシャローエリアから巻き物で探る。

空はまだ曇り模様だが、風もほぼ無風。

巻き物にはちょいと辛い状況である。

が、いきなり、後部のF氏にヒット。

マキマキでのグッドサイズ。

Pa0_0023

その後、オイラにもヒット。

しかし、サイズがダメダメ。

 

その後もエリアを替え、互いにヒットを連発するも、

サイズが上がって来ない。 F氏もリグを替えるが

やはりサイズが上がらず、苦戦している模様。

 

太陽が上り、雲も消え始めたところで、ヘビーTX。

1流し目からオイラにヒット。

待望の犬のアタリでは無い。

 

その後、またオイラにヒット。

しかし、猛犬には至らない。

が、まあまあのグッドサイズ。

Pa0_0022

出来るだけ条件の良いラインを探して行くのだが、

太陽光が強くなるほど、口を使わなくなっていく。

 

またもや、オイラにヒット。

猛犬に近いアタリもフッキングミス。

その後もたまにアタるが、フッキングには至らず。

 

と、ここで下物の浚渫リグからの濁りが徐々に広がる。

南エリアを転々と移動するも、あまり状況は変わらず。

数本を獲った後、少し早いがお昼ご飯へ。

Pa0_0021 Pa0_0020

Pa0_0019     今日もデザートまでガッツリー。

 

その後、お昼寝。

最近、社会復帰に時間が掛かる。

謎の黄色い液体注入が良くないのか?

 

15時、午後の部再開。

風が強く吹き出し、水に少し変化が見え始める。

目標をシャローに変更するも、日が高すぎて×。

沖のラインへと移動。

 

午前と同じく、条件の良いラインを猛犬捜索。

しかし、午前にあれだけあったアタリが全くなし。

やはり、ヤツらは一日中目まぐるしく動き回っている。

しかし、シャロー側も沖側も、条件は悪いままである。

 

仕方なく人工島沖へ移動。 巻き物にスイッチ。

ここで両者とも数本をキャッチ。 が、サイズが×。

残り時間もあと僅かとなった17時過ぎ、F氏に待望のアタリ。

が、残念ながらラインブレイク。 猛犬に違いないサイズの様。

悔しがる、F氏。

Pa0_0018

 

その後、タイムリミットギリギリまで粘るも、敢え無く撤収。

18時にマリーナへ帰着。 数釣りの一日となってしまった。

Pa0_0017

 

結局F氏には一日中、オイラの釣りにお付き合い戴いた。

オイラとしては狙いのエリアで、サイズこそ出なかったが、

狙いのリグで思い通りに魚を獲れたので大満足であった。

また、その場に合わせ、自分の釣りを展開し結果を出す

F氏の能力はさすがであり、大変勉強になりました。

 

これにて南湖南エリアで一日中過ごす釣りは一旦終了。

来週以降は、南湖をあちこち走り回って魚を拾う、釣り。

段々と厳しさを増してきた南湖です。

この日のモードは、秋→夏→初秋。

 

さて来週は? まだ夏? それとも秋へ再移行?

 

 

|

« 懐メロ? | トップページ | 密約。。。 »

釣行記 (FRESHWATER)」カテゴリの記事