« もくろみ。。。 | トップページ | ふ~む。。。 »

2008/08/23

22日は。

 

久々の雨。

蝉も今日だけ元気を回復?

うちのクワガタ君もゴソゴソ。

秋が近付いているのかな?

 

さすがに、釣りの後での会議はキツかったです。

しかも、お昼ご飯後だけに上下の瞼がひっつく。

何とか頑張りましたが、帰宅後はバタンキュー。

次からもうちょい考えよっと。

 

そんな昨日のタイトルは、

朝からノンビリせやけどキッチリ

の予定だったのですが・・・。

 

午後に訪問予定の取引先から前日に連絡が。

「会議の前、昼ご飯に鱧を食べに行かない?」

 

オイラ、ヒジョーに悩みました。 ハモ食いたい。 でも釣りしたい。

あまりにも悩み過ぎたのか、途中から “ ハモ釣りたい ” 思考に。

結局、釣り時間は3時間で両者引き分け、1ヶ所勝負となりました。

 

しかし、湖上に出るとイヤな西風が。 ポイントに着くとさらに増強。

とりあえず朝ごはんを摂りながら、風が収まるのを待つ事、30分。

暇つぶしに風が吹いている間にカナダの繁茂ポイントのチェック。

さらにヒマなので、トンボの生態観察。 ナゼかこの後ずっと一緒。

Ca3b0049

ボートから一向に離れようとしません。 仕方ないので友達に認定。

 

しかし、ふと見た空には何やら気持ちの悪い現象が。 オーロラ?

Ca3b0048

偏光越しにしか見えないので、携帯に変更グラスを被せ撮影。

見えにくいですが、写真中央部に5色の色。 虹ではないです。

横一文字に5色がはしっているのですが、実際は不気味です。

何か悪いコトが起きる前触れの放電現象でないといいですが。

 

そのうち風が止んだので、早速、釣りを開始。

が、魚探を見て大ショック! 水温が27℃台。

いやな予感が的中。 水のあたる外側へ移動。

 

キンテキでじっくり、ゆっくり、手探り?スタート。

2投目。 いきなりのアタリ。 ラインが弾かれると同時に走る。

ゆっくり溜め込み、ロッドを真後に振り上げたままのゴリ巻き。

上がって来たのは、49.5cm。 惜しいっ、写真まで5mm足りん。

でもお腹パンパンマン。 量ると2140g。 でも撮影拒否サイズ。

かなり悩んだが、これだけは譲れない。

 

ところが、ここからプチラッシュに突入。

風はビッタリ止んだまま、太陽ヂリヂリ。

ワームを交換後、たった1投目でアタリ。

上がって来たのは、先程と同じ49.2cm。

惜しいっ、後8mmで写真が撮れたのに。

 

そして数分後、何かを感じ小移動。

数投しながら理由を考えていると?

ヤツが突然現れた。そう、猛犬のアタリ。

ラインを送り込んでアワセる。 のった?

が、ゴリ巻きを弾き飛ばし、猛ダッシュ。

もう無理。 確信。 当然、ラインブレイク。

R-18 LTD 20lb がバッツリ。 うっそ~ん。

やっぱり琵琶湖には青物が居てますなぁ。

 

気を取り直してジグに。 4投目でアタリ。

ラクラク巻いて、49.5cm。 3回測っても49.5mm。

 

しかし、アタリはまだ続く。

しかし、サイズがダメダメ。

 

数撃ち当る作戦で臨むも、ここでまたもや風が。

今度の風はちょっとやそっとで治まりそうにない。

 

時計を見ると、残り時間が…。 ハモも待ってる。

結局、他のポイントを回り、2匹ほど追加、帰着。

 

と言う訳で、9バイト・8フィッシュ。

なのに、ゴンザレス君にフラレタ。

散々な結果でした。

 

でも短時間でたくさん釣れたのでOKです。

でも、次回からはちょっと○○を変えます。

ココももういいです。 しばらくお休みです。

 

途中、国保君ガイドとナカジー君に遭遇。

両者ともあっちにこっちに忙しそうでした。

 

ん、長野の某竹内Proは・・・?

おー、初日7位か、ガンバレー! good

 

 

|

« もくろみ。。。 | トップページ | ふ~む。。。 »

釣行記 (FRESHWATER)」カテゴリの記事