« ぬおぅ。。。 | トップページ | メンテナンス。。。 »

2008/07/11

10日は。

 

昨日はゴルフの予定が急遽中止。

早起きしたので、家族を車で送迎。

それ以外は特に何も予定は無し。

さらには琵琶湖で気になることが。

 

と、なればやっぱり・・・。

 

Photo

 

ですかね。

 

 

と言う訳で、お昼12時に湖上へ。

ローライト+微風を期待したのに、

ドピーカン+無風。 やられた~。

急ぎ日焼け止めを大量塗りまくり。

雨で放水量300t を期待したのに、

変化ナシの150t。  やられた~。

今日の目標はある竿を折ること。

いや、借りモノなんで折らないけどね。

 

まずは南湖中央部浚渫エリアへ。

リアクションジグには反応がゼロ。

ジグヘッド+フィッシュドクターに交換。

途端に釣れ出す。 5投でマメが2匹。

40ちょいが1匹。 不満、移動。

 

西岸沖、水深4mのカナダへ。

ウルトラバイブスピードクローの7gTX。

1投目に47cm。  が、後が続かない。

フォローにもアタるが、サイズが下がる。

リアクションジグ放置プレーもアタリのみ。

不満、移動。

 

良質のカナダを求め、極秘ポイントへ。

・・・。  漁師の網入れの為に壊滅・・・。

南湖南部東岸へ移動。

 

14時。 ここからはシャローゲームに徹する。

この時点で劇暑。 飲物休憩兼、リグの交換。

メインは山五。 サーチにワンナップシャッド。

遊びにPOP-MAX。  準備万端。 戦闘開始。

 

開始早々から山五にムフフな反応。

カラーチェンジを繰り返し煮詰める。

今日のアタリは 「WM+Rフレーク」。

モノスゴイ勢いで廃品が出来ていく。

しかし、あがるサイズは40台で full

こんなサイズでは竿は判定不可能。

 

狙う深さを煮詰める。 気づけば1m。

ここで気づいたことが…。 秘密だが。

ここからスピードアップし、東岸を北上。

風が無い分、エレキもハイスピードに。

開始1時間足らずで、弾は10発も消費。

弾倉を入れ替える。

 

気づけばココは既に南湖東岸中央部。

こんなトコまでエレキで釣り上がってた。

ここで一服。 ワンシャ君に切り替える。

2連発も、サイズは40cm前後で止まる。

ここまで釣果は2桁で40台が8本、マメが5本。

何とかしてゴンザレスまで上がって行かねば。

ここ2週間で取り憑いたモノの浄化は不可能。

 

今日中にキッカケを掴みたいが何か足りない。

そう、風である。 12時無風。 14時南弱風。

15時西風微風。 時折南寄り。 が無風にも。

アタリは強い吹き始めと、止んだ直後に集中。

 

さらに北上、実績ポイントへ。 時刻も既に16時過ぎ。

日が傾き、日差しも弱まり、風が変化を見せた時sign03

数投目、ようやくキッカーフィッシュを獲ることに成功。

さすがは実績場。 狙い通りのトコ。 ステキ過ぎる。

 

Imgp0946001

ギリギリの51cm。 が、久々のゴンザレスにムフフ~。 lovely

久しぶりの犬のアタリと走り、ウィードへの突進、最高。 heart01

竿もしなりはMHだが、何の怖さもないほど粘りがあり、

パワーはHを超える。 これを折るのはロクマルでも難。

実に欲しい。 て言うか、決定。 絶対に買うもんねー。

でも、高いのかなー?

 

魚をライブウェルに入れ、ラインを結び直し、再開。

しかし、40cm台を2匹とマメを追加で、時間切れ。

結局、南湖の1/2程をエレキで釣り上がってた。

 

今週末、散髪予定の伸びた後髪を引かれ帰還。

20本以上残骸になった山五も涼しげに揺れる。

昼の酷暑からにしては、まあまあいい日でした。

 

 

|

« ぬおぅ。。。 | トップページ | メンテナンス。。。 »

釣行記 (FRESHWATER)」カテゴリの記事