« タラレバ その① | トップページ | KY??? »

2008/06/19

18日は。

 

今日からまた雨が続くとか・・・。

陸の上ではうっとおしいですが、

水の中では恵みになるのかな?

 

そうあって欲しいと願う18日は、またまた琵琶湖へ。

朝一は新規開拓エリア探しに北湖へロングドライブ。

“いや~、やっぱ北湖は景色だけで癒されるな~。”

などと感じながら、約20分かけて東岸沖ノ島に到着。

 

しかし、沖ノ島は何者かに襲われていた。

気温なのか・・・。 降らない雨なのか・・・。

それとも、サ○シン塾長の仕業なのか?

とにかく水温が23.5℃と異常に高過ぎ。

 

こんな時、オイラ単独であればさらに北上するか、対岸へ渡る。

しかし今日は満員御礼。 規格外が2人で、燃費が悪いのだ。

ここまで回転数とトリム調整をしながら走ってきたが、イマイチ。

しかも、西岸もハズせば今日のテンションはガタ落ちである。

という訳で、東岸をチェックしながら南下して行くことに決定。

 

しかし、ウィードの上半分が腐って残っている状況では何も無く、

9時30分には南湖へ戻った。 今後は西岸をメインにしよっと。

 

9時45分。 南湖東岸最北部到着。 ジャングルフィッシング。

出発して約3時間。ここらでお2人にはお魚に触れて頂かねば。

んが、いきなりガイドとエリアバッティング。 ピ~ンチ、オイラ。

でも、だいじょーぶなのである。 ここは全てがポイントである。

あっちこっちにスポーニングベッドが山のように存在してるし。

魚の存在は妖気を感じる程濃く、期待はジャングルより深い。

早速、山六SPとヘビーテキサスで縦と横を効率よく探っていく。

早々にアタリがあるものの、なかなかフッキングには至らない。

 

小移動。 狙いのピンスポットで思い通りに小さいアタリ。

ラインを送り込んで、フッキング。 まあまあのサイズか?

いつもなら余裕を持って上げられるサイズのはずだが、

が、先日 H ロッドを折ってしまったので予想外に大苦戦。

やはり MH ロッドではかなり部が悪い。対策を考えねば。

何とか、ウィードへの突進もかわし、ランディングも成功。

上がってきたのはジャスト50cmであった。 危なかった。

Imgp0933_5 

くまちゃんにアオリを入れて撮影していただく。

 

その後、アタリは頻発するがティップの固いオイラは大苦戦。

パチンコ台の如く弾きまくりでのらずにストレスが山盛である。

後部でドラッギングをしていた規格外187cmの方の竿が曲っ!

まあまあのサイズのようだ。 オイラはすかさずネットを準備。

先日、DVDで会得した宝蔵院流で魚を確実にネットインした。 

上がってきたのは48cmの女の子。 惜しいのである。

琵琶湖では50cm以上でないと掲載されないのである。

 

その後オイラにも30cm級の魚がヒット。 しかし船傍でお別れ。

惜しいのである。 40cmを超えないと船にも上げて貰えぬのだ。

 

一人サビシき、くまちゃん。 彼にもアタリはあるのだが・・・。

彼は好き嫌いが激し過ぎ。  選り好みはイケナイのである。

その内、お魚に遊んでもらえなくなっちゃうよ、くまちゃん・・・。

 

気づけば、時刻は13時45分。

お腹も空。 ランチタイムもビミョーにヤバイ、カタカナな状況。

前を向きながら、うしろの2人に尋ねると、返事が無い・・・。

落水した不安と共に振り返ると、2人ともマジモード漏洩中。

優しいオイラは、「夕方また来るから・・・」と諭し、マリーナへ。

 

14時。 お昼ごはん。

Ca340514 Ca340515

Ca340516_2 Ca340517_2

Ca340518    デザートまでしっかり。heart04

 

14時45分。 午後の部、再開。 午後は沖ラバのお勉強会である。

2人は釣り方をマスター、オイラはカナダ+ウィードフラットを探して、

なおかつ、ビッグなブリブリッ子のお魚を探さなくてはいけない。

 

が、冬~春にかけて考えていたポイントのウィードが急成長中で、

オイラの目指す60~70cm級のウィードがなかなか見つからない。

ボートを走らせつつ考えて探すが、ほとんど新たに探すイメージ。

 

何とか西岸水深3.7m前後に発見し、ジグとテキサスで探索開始。

いきなり1投目で規格外187cmの方の竿が曲っ! が、30cm程。

オイラとくまちゃんにもアタリ・・・。 が、うまくノセられなかった。

外した・・・。 小移動も条件が悪く、さらに南下。 時間が惜しい。

 

仕方なく、温存していたカナダ群生地にボートを走らせる。

んが、琵琶湖の超大御所とポイントバッティング。 サイヤク。

仕方なく、さらに南下し、水深4mの小さいカナダを探していく。

くまちゃんがカナダを発見。  するも、ここで時間切れ、北上。

沖ラバは今度一日を掛けて、じっくりと一人でやっておきます。 

 

時間は16時30分。 南湖東岸北部に到着。

何事も無く、アタリのみを楽しみ、18時終了。

 

今日もいろいろ掴めた有意義な一日であった。

同船のお2人にはオアズケ時間が長くかかり、

申し訳なかったが今後かなり役立つと思います。

しかし、ガイドの人はスゴイねー。 上手いねー。

 

さて、残り12時間。 頑張りますよ~ん。heart01

 

 

|

« タラレバ その① | トップページ | KY??? »

釣行記 (FRESHWATER)」カテゴリの記事