« またもや・・・。 | トップページ | 悩めるおっさん羊。 »

2008/04/25

サトシン塾 4月号

 

今日はいい天気。

昨日とは大違い。

今日はお仕事に。

昨日と同様 、早起き君。

昨日の分も頑張らねば。

 

それにしても昨日は天国と地獄。

前半は超大雨、後半は曇りと風。

水温も前半高く、後半急激低下。

春の定番ポイントに魚が居ない。

スポーニング前の状況に逆戻り?

でも 、思いもよらぬ行動を確認。

アタリは多いが 、吸い込まない。

魚影は映るがルアーを追えない。

 

出発後、まず最初に和邇浜をチェック。

…無反応。 早々に切り上げ、南湖へ。

 

ここで、塾長から今日のノルマの発表。

50UP 最低3匹

愕然。 お天気が悪いんですが・・・。

 

烏丸半島沖。 スコーンリグを試す。 オイラは初挑戦。

リグったことはあるが、まともに使用するのは初めて。

塾長に教えを請う。 投げて、巻くだけ。 アワセない。

以上、開始。 数投後、オイラに初当たり。 コココン。

小さく細かいアタリ。 条件反射全開、アワセてしまう。

当然の如く、空振り。 塾長に睨まれる。 そりゃそうだ。

さらに数投後、コココン・グイ~ン。 ぬおおお~うっ!

どうしていいか解らないうちにお魚は帰ってしまわれた。

塾長に睨まれながら、溜息を吐かれる。 そりゃそうだ。

でもね、初めてなんだから優しくしてよ・・・、塾長~。heart04

理由は絶対書けない塾長の指示でラバージグを交換。 

 

2流し目。 1投目からアタリ。 コココン。 巻き合わせ。

くい~ん、くい~ん。 ???。 ノった? 小さいのか?

魚を浮かせ寄せる。 頭を振ると同時に急に軽くなった。

ハッ、これは? やっぱりそうだ、ジャンプする前の動き。

追いアワセを入れてからロッドを下げ、ジャンプをかわす。

何度かのジャンプをかわし、ランディングしたのは45cm。

スコーンで捕獲に成功。 塾長も笑みがこぼれる。 ホッ。

写真撮影を忘れるほど喜んだが、未だ釣り方不明のまま。

しかも、掛けてもサイズが解らないのでかなりドキドキもん。

まあまあ心臓に悪いのである。

 

さらに数投後にアタリ。 コココン。 巻き合すもすっぽ抜け。

こっそり塾長を見るが、“今のは仕方ない”の表情に安堵。

オイラは親の顔色を窺う子供かっ! これで、やる気全開。

 

が、ここでシャローへ移動。 バイブレーションで探索開始。

約2時間かけて細かく探ったが、オイラ8匹。  塾長3匹。

此処は終ってた。  釣れるのは40cm以下の子バスのみ。

 

さらに移動。 浜大津へ。 スピナーベイトで探索開始。

これで来るバスはデカイ 』神話を試すべく、キャスト。

塾長はさすがのD-zone、オイラはB-cusutom、1/2oz。

しかし、3分で神話終了。 オイラに30cm以下がヒット。

またもや塾長から苦情が。 「 やる気無くしますねー 」。

さらに周辺を流すが、塾長に40cmが1匹のみ。  移動。

 

そして、北山田。 オイラの大好きな、相性のいい場所。

塾長もここは実績場らしいが今日は微妙と下向き加減。

クランクで探索開始。 オイラはファッペ 、塾長は??。

レンジは・・・、4m。 深い。 マッスルディープ4+に交換。

大遠投+高速巻き、ウィードに当てたら止めてほぐす。

また巻く、ウィードに当てたら止めてほぐすの繰り返し。

それに時々、マッスル飛ばしとロングポーズで味付け。

繊細な感度と動作が要求されるが、オイラは特訓済。

 

第1中継ポイントで、アタリ。 50.2cmのプリの女の子。

Imgp0893002

塾長も大喜びしてくれた、オイラ会心の一撃であった。

やっぱりクランクで釣れると嬉しいねぇ、楽しいねぇ~。

ここである事に気付く。 ここ最近のバスとは違う動き。

特に針掛かりしてから。 クビをよく振り、強く引っ張る。

これまでのバスと季節行動が異なる明確な証拠である。

が、後が続かない…。 続いて第2中継ポイントへ流す。

またもやオイラにアタリ。 念じたが 30cmの♂。 残念。

第3中継ポイント通過。 アタリなし。 さらに流していく。

第4中継ポイント通過。 アタリなし。 さらに流していく。

やはり、このエリアも終わってしまったのか?

 

2流し目。 第1中継ポイントでオイラにアタリ。 ボトム。

さらに念じたが45cmの女の子。 しかし、キレイな魚体。

Imgp0895002_2 

だが引きが小気味いい。 やはりバスはこうでないとね。

その後 塾長が1匹掛けるも、上げないサイズに不満げ。

あえなく第4中継地点までドラマは起きず、移動に移る。

もう少しやりたかったが、何か塾長に考えがあるらしい。

時刻も既に夕刻。  チラホラしていた船も消えてしまった。

貸切状態の琵琶湖だが、次のポイントが最後となるようだ。

 

着いたポイントは朝の烏丸半島沖。

やはり、スコーンリグの補習授業か。

しかしここでちょっとしたドラマが。 なんと、いきなりアタリ。

しかも、オイラに。 いつもの コココン の後、グイグイッ!

かなり強い絞り込みだ。 これまでと違う。 明らかにデカイ。

慎重に寄せるが、目の前で痛恨のバラシ。 これで何度目?

自分に怒り、跪く。 これが良かった。 集中力を貯め込む。

 

それから2投目。 アタリ。 のせた。 50.4cmの女の子だ。

Imgp0898002

しかも、かなりデブデブ。 はちきれそうなお腹をしている。

尻尾もキレイで、来週にはお産に入りそうな勢いを見せる。

しかし、先程の魚とは比べ物にならない、弱い引きだった。 

さっきのは一体『 どんだけー? 』 なお魚だったのだろうか。

 

さらに数投後、アタリ、乗った。 少しはコツを掴めたのか?

今度は45cm級の女の子。 この子は一度お産済みの様子。

そして、ポイント最後でまたアタリ。 今度も45cm級の女の子。

Imgp0896002

尻尾がキレイな魚体だが、お腹が凹。 お産は少し後かな?

なんと、たったの一流しで4バイト ・ 3フィッシュである。

「 これは出来過ぎですわ~ 」 と塾長。 最後の流しへ。

 

最後の流しは3バイト ・ 2フィッシュ。 ここで終了。

しかし、これで少しはスコーンが分かった気がする。

 

うねる北湖へ帰還。 ノルマ不達。 しかし、可能性では6匹はいけた。

塾長には不満げな一日に見えたが、オイラは15匹以上の釣果達成。

今日は“釣らせて頂く釣り”だったものの、大満足な一日でありました。

 

この日の釣りのBGMは・・・、

『ボーリンガー中村氏~サワ○ラ氏~オ○ムラ氏~タケ○チ氏~他』

でした。

 

<終わり>

 

 

|

« またもや・・・。 | トップページ | 悩めるおっさん羊。 »

サトシン塾」カテゴリの記事