« こんな日は・・・。 | トップページ | 名言集 その1 »

2008/01/21

’08 サトシン塾 1月号

今日(1/19)は今年初の琵琶湖。 そう、琵琶湖と言えば、“ サトシン塾

なのに、早速寝坊した。

ダッシュで準備し、車を走らせる。

名神京都東ICから湖西バイパスへ。 道中見えてきた比叡山は、青空をバックに山頂に雪を湛えている。

Ca340125

バイパスを下り、一般道へと入るが道路に積雪はない。 思えばこれが悪かった。

朝食と昼食を買いこみ、マリーナへ。 約束の9時には何とか間に合った。

マリーナには、N村氏と塾長の姿はない。 が、ナカジーProと俺達。Proと、ジャッカルの方達を見かけたので、御挨拶をする。

状況を聞くと、あまり良くはなさそう。 しかも、白波が立ち始めたということで早々と準備を済ませ、9時にお出掛けされた。 でも、マリーナの人に帰着時間を聞かれて、「10時。」 と答えていたナカジーさんはいい人だ。

「 む~、今日はあかんのかな? 」 と、思いつつ、足下の水溜りを見ると、凍っている。 とにかく、さぶい。

Ca340126

そこへ塾長登場。

挨拶もそこそこにタックルを積み込もうとするが、ストレージが凍って開かない。

なんだかんだで、出船したのは10時前。

 

始めは、湖北方面へ。

少し走って、志賀から比良、近江舞子の様子を見る。 が、ベイトが居ない。 水温は9.5℃もある。 コレはかなり苦戦しそうだ・・・。

また走って、北小松周辺へ。 ここで、巨大なベイトの群れに遭遇。 メタルジグで探るが、アタルのはベイトフィッシュばかり。 バスは付いてなさそう。

ここで佐藤Proが、英断を下す。 移動。

着いた場所は、安曇川河口。

テトラ帯をフットボールとテキサスで探るが、無反応。 近くの漁礁周りも探るが、とにかくベイトが居ない。 あと、水温が高すぎるのだ。

この時点でお昼。

佐藤Proもアタマを抱えている。 でも、オイラはこの時点ではまだ楽しんでいた。 だって、魚の探り方から魚探の使い方、ルアーの動かし方など、勉強できたから。

しかし、さぶい。 手がかじかんで、辛くなって来たオイラは、佐藤Proに聞いてみる。

「 寒すぎますわ。 巻きまくりに行きましょう! 」

その言葉に、一瞬下を向いた佐藤Proは、“仕方ない” とばかりにボートを南に向けた。

 

ボートが琵琶湖大橋を越えた。

いきなり水の色が白く変わった。 それどころか、水温がいきなり7.5℃に下がった。

佐藤Proは言った。 「やっぱりなぁ~。」

そう、佐藤Proは既に予測していた。 3日前に降った雪があっという間に溶け、ユキシロとなって琵琶湖に注ぎ込み、水の色を変えているであろうと・・・。 先程、一瞬下を向いたのはコレが理由だったのだ。

状況はどんどんヤバくなる。

漁探をかけると、ウィードがまだ80cmも残っている。 今年の琵琶湖はホントにキツイ。

魚が固まることなく、広範囲に散っているらしい。

 

佐藤Proが、魚探で水深4mライン、適水温とプアなウィードの場所を探り、流してくれる。

クランクで探るもしばらくは反応なし。

しかし、ここでN村氏にアタリらしきものが・・・。

3人の活性が少し上がる。 投げては巻き、巻いては投げまくる。

そして、16時半過ぎ、ドラマが起こった。

 

「 ん? 何やコレ? 重たい。 ウィードか? 」 と、N村氏。

「 いや、違う。 バスや! 」

上がってきたのは、40cm程の紛れも無いバス。

Imgp0807

竿先に集中力を研ぎ澄まし、クランクをウィードの面ぎりぎりに、ゆっくりと引き続けたN村氏、快心の一撃であった。

この劇的に苦しい中で、貴重なバスを釣り上げた名手は、新しい名前を手に入れた。

ギリギリN村氏

おめでとうございます。 ホントにいい顔してましたねー。 って、

Imgp0804

判らんわっ!

 

この後は誰にもアタルことなく、17時半に終了。

日が沈んで寒い中でも、最後の最後まで、魚を獲らせようと頑張って戴いた佐藤Pro、有難うございました。

帰りは、冷え切った体を○琴で暖めたかったが、やはり今回も電池切れでたどり着けず、琵琶湖大橋たもとの来来亭にて、オイラは悔しい大盛り、ギリギリN村氏は嬉しい並盛で食事後、解散した。

 

 

TACKLE: ロッド     ①EverGreen TACTICS The “Warrior”

             ②EverGreen Combatstic SJ The “Super WarriorⅡ”

              ③EverGreen TACTICS The “Tyrant”

             ④EverGreen TACTICS The “Super Nova 66”

       リール   ①Abu Morrum ULTRAMAG 1600C ZPI" tune

                ②Abu Morrum ULTRAMAG 1600C ZPI" tune

                 ③Abu Morrum ULTRAMAG 1600C ZPI" tune

                 ④Abu Morrum ULTRAMAG 1600C ZPI" tune

       ライン   ①SUNLINE Shooter DEFIER 13lb

             ②SUNLINE Shooter DEFIER 15lb

             ③SUNLINE Shooter DEFIER 17lb

             ④SUNLINE Shooter DEFIER 13lb 

       ルアー    ①Megabass 110

                           ②Nories METAL WASABY、TEXAS Rig

                           ③EverGreen FOOTBALL Jig 1/2oz

               ④TIEMCO MAD PEPPER Magnum 、 FAT PEPPER etc.

 

 

|

« こんな日は・・・。 | トップページ | 名言集 その1 »

サトシン塾」カテゴリの記事

コメント

ギリギリN村氏です(*^_^*)何でやねん!一人
ボケツッコミ(*^_^*)ギリギリじゃ無いで
せめてウィードに引っ掛けて外すN村氏にして下さい(^。^)ちなみにスワットかテロリストみたな
写真は、嫁に大受けやったで(>_<)

投稿: N村R一 | 2008/01/21 19:50

いや、“ ギリギリN村氏 ”でいいんですよ。
いつも釣りの時は眠れなくて一杯一杯やし…。
他にも理由あるけど、名誉毀損の疑いから省かせていただきます。
でも、あのニヤけた覆面はスワットとかテロリストみたいにカッコイイものではなく、単なるエ○リストですよ~。 サイコ~。(^o^)

投稿: R | 2008/01/21 20:14

この記事へのコメントは終了しました。

« こんな日は・・・。 | トップページ | 名言集 その1 »